その他

【持ち物・服装・シュラフ】快適な秋キャンプこそ気を付ける注意点!

パパ
どうも、ブログ管理者の やまちゃん @fiam_campです。

今回は、秋にキャンプをする上で大切な持ち物や服装、シュラフなどの紹介をしていきます。

秋キャンプは快適ですごしやすい季節だからこそ注意しないといけないことがあります。

また秋キャンプだからこそしないといけない対策もあります。

あなたも美味しい秋の味覚や紅葉を楽しめる秋キャンプをしませんか!?

でも秋にキャンプをしたことがない人には何が必要で、何が不要かがわかりませんよね!?

秋のキャンプは、夏のキャンプに持って行ってたキャンプギアとは少し内容が変わってきます。


そこで今回は、秋にキャンプを快適にすごすために気を付ける注意点。

そして秋にキャンプをするのに必ず必要になる対策。

秋にキャンプをする魅力などをたっぷりと紹介していきます。

あなたが秋キャンプをする時の参考に少しでもなれば幸いです。


こんな疑問をもったあなたに向けた記事

秋のキャンプの魅力は!?
夏のキャンプと同じキャンプギアじゃダメなの!?
秋のキャンプに必ず持って行くキャンプギアってどんなの!?
秋のキャンプに必須になる対策ってどんなの!?
秋のキャンプで失敗したことはないの!?
こんな疑問・悩みを解決します。


記事内容

  1. 秋キャンプの魅力
  2. 秋キャンプ快適にすごすための注意点
  3. 秋キャンプ快適にすごすための対策
  4. 快適な秋キャンプこそ気を付ける注意点! まとめ


この記事では、秋キャンプ未経験の人が安心してキャンプをできるように、そして秋キャンプの魅力を存分に紹介していきます。
記事を読み終えた時に、少しでもワクワクしてくれれば嬉しいです。


秋キャンプの魅力


あなたにとって秋キャンプの魅力はなんですか!?


日中の気温も下がり日に日に涼しくなり、秋の夜長で焚き火もしやすい季節です。

家族や友人、恋人と火を囲みながら普段できない話をすることができます。


キャンプ場の周りには道の駅があったり、漁港があったりすることも多いですよね?

食欲の秋と言うぐらいなので、行った先で地元の美味しい食材を買って食べるのもいいと思います。

また気温の高い時期に注意していた食中毒の危険性も減ります。


また紅葉も始まって景色も最高にキレイになってきます。

そして気温の低下と共に虫もいなくなってくるので虫嫌いキャンパーにはぴったりな季節です。


キャンプをするのには1番いい季節だと思います。

パパ
1番いい季節だからこそ注意してほしいことがあるから、次の項目から紹介していくね!

チェックポイント

秋キャンプを経験すると自然のありがたさを実感できる!

秋キャンプ快適にすごすための注意点

この項目では、秋キャンプを快適にすごすための注意点を紹介していきます。


服装

秋キャンプで1、2を争うぐらい難しく、本当に悩むのが服装です。

キャンプ当日の朝、自宅を出発する時にどんな服装で出て行くかによってキャンプそのものの快適性が問われます。


行き先はどこですか!?

  • 山間部ですか?
  • 海岸ですか?
  • 湖畔ですか?
  • 林間ですか?
  • 標高は高いですか?
  • 盆地ですか?

すべてのシチュエーションで服装は変わってくると思います。

まず絶対に言えるのは、キャンプ場の方が100%間違いなく涼しいです。

これは夜間も含めて言ってます。

日中は暑い時もあるかもしれません。

しかし夜間は思ってる以上に冷え込みます。

日中の気温と夜間の気温の差が10℃以上になるのは当たり前です。

日中の気温だけを見て、半パン半袖で行くようなことだけはしないようにしてください。

最低でも長ズボン半袖、プラス寒くなった時用に上から羽織れるシャツや、薄手のジップアップパーカーなどを持っていくことをオススメします。

パパ
雨具として持って行ってるカッパを着る方法もあるけど、火の粉で穴が空くから注意してね!


川などがあるキャンプ場に小さな子供も一緒に行くファミリーキャンパーさんは、最低でも子供の服は上下1セット(下着・靴下含む)を持って行く方がいいです。

汗や泥で汚れるのはもちろんなんですが、気が付くといつの間にか水遊びを始めるパターンが起こる可能性があります。

パパ
子供は水が大好きだから少々気温や水温が低くても絶対に川に入っていきます。
足だけといっても確実に全身ベチャベチャに濡れるからね!

気温の高い夏なら濡れたままでもいいでしょうし、服もすぐに乾きます。

しかし秋になると服はすぐには乾きません。

濡れたままの状態でいると風邪をひいてしまいます。

小さな子供がいるファミリーキャンパーさんは余分に着替えを持って行ってください。

パパ
コロナの影響もあるから絶対に風邪はひかないようにしようね!

チェックポイント

荷物は増えるが服は余分に持っていく方がいい!


寝具


あなたは秋キャンプでどうやって寝るつもりですか!?

  • テントの地面でシュラフで寝る
  • マットの上にシュラフで寝る
  • コットの上にシュラフで寝る
  • 車中でシュラフで寝る

考えれる方法はまだまだあると思います。


夏は標高の高い場所にあるキャンプ場を除けば薄いフリースのシュラフや、夏用のシュラフで寝れたと思います。

しかし秋になると最低気温が 10℃程まで落ちてきてしまいます。

こうなると夏に使っていたシュラフでは100%寒くて眠れないと思います。

秋キャンプをするなら、冬用の安い化繊シュラフを用意することをオススメします。

パパ
冬キャンプもしようと思って今からシュラフを買おうと思ってる人は、ダウンシュラフの方がいいよ!
でも冬用のダウンシュラフは価格が高いから注意してね!


シュラフに入って寝ていて暑い場合は、ファスナーを開けて寝れば温度の調整はできます。

ファスナーを開けて寝ても暑い場合は、シュラフを完全に開いて掛布団として使えば快適に寝ることができます。

関連記事紹介


パパ
僕はコールマンの安い冬用化繊シュラフを使ってるよ!

もしよかったら、コールマン エクストリームウェザーマミースリーピングバッグの記事も読んでね!

あわせて読みたい
【コスパ最強】-18℃対応 コールマン エクストリームウェザーマミースリーピングバッグ 徹底レビュー!

続きを見る


あと気温の低下と共に地面からの冷えが発生します。

なのでマットやコットで寝る方が寒さ対策になります。


価格が安いのは、

  • マット
  • エアマット
  • コット

の順です。


快適なのは、

  • コット
  • エアマット
  • マット

の順です。

地面に直接シュラフを敷いて寝れば翌朝のからだのダルさは相当なものになります。

しかしどれかひとつでも持っていれば快適性は格段に上がるので無理のない範囲で用意する方がいいです。

チェックポイント

寒い一夜をすごすと思い出が最悪になるので寝具は冬用を持っていく!


ブランケット

ブランケットは持って行っても邪魔にならないならぜひ持って行って欲しいアイテムのひとつです。

なんでかって言うと、夏場には違和感を感じなかったキャンプギアに落とし穴があります。

それは、アウトドアチェアです。


金属製のアウトドアチェアを使っている人は要注意です。

木製のアウトドアチェアを使用している人は関係ないかもしれません。

理由は、アウトドアチェアのフレームの金属が気温の低下で冷たくなってからだが冷えるんです。

ブランケットを持っていると、アウトドアチェアとからだの間に敷くとアウトドアチェアからの冷気がマシになります。

パパ
この方法は冬のキャンプでも使えるテクニックだから憶えておいてね!

フリースのシュラフでも代用できるからね!

チェックポイント

寝る時に寒い場合にも掛けることができるからブランケットはある方がいい!


カイロ

カイロは寒い時用の保険なので使わないかもしれません。

しかし持っていなかったら使えないので一応持って行く方がいいと思います。

貼るカイロと貼らないカイロがありますが、一長一短あるので可能であれば両方揃えたいところです。

パパ
寝る時に寒い時は、シュラフの足元に貼らないカイロを入れるとシュラフ全体が暖かくなるよ!
貼るカイロをからだにつけて寝る場合は、低温火傷に気を付けてね!

チェックポイント

カイロは保険として持っていく!


スカート付きテント

スカート付きテントは寒さ対策にもなるんですが、秋キャンプでは別の意味で役立ちます。

それは、

落ち葉や枯草をテント内への侵入を阻止してくれます。

秋からは木枯らしが吹くことが多くなります。

木枯らしが芝生の枯草や木の落ち葉を大量に運んできます。

芝生の枯れた草が衣類につくとなかなか取れません。

それをキレイに取るだけでもなかなかのストレスを感じます。

ストレスは減らせることに越したことはありません。

秋以降の寒くなってくる時期のキャンプはスカート付きのテントでキャンプをするのをオススメします。

パパ
枯れ葉や枯れ草が気にならない人は、秋キャンプならスカート付きのテントにこだわらなくてもいいと思うよ!

チェックポイント

スカートは寒さ対策、枯れ葉対策になる!


話し声

秋の夜長で、夜間でも比較的過ごしやすいのが秋キャンプです。

夕方から外で食事をしながらお酒を飲むこともあると思います。

ここで気をつけて欲しいのが、声の大きさです。

夏から秋にかけて空気が乾燥して声が通るようになります。

お酒が入ると声の大きさに気付かなくなり、周りのキャンパーの人に迷惑をかけることも十分考えられます。

そして夜間も過ごしやすいので、夜遅くまで騒ぐ人たちがいるのも事実です。

自分がそうならないためにも声の大きさには気を使いましょう。

パパ
最低でも21時以降は静かにしようね!

チェックポイント

他の人の迷惑になるような行為だけはしないようにしようね!

パパ
ここまでが秋キャンプを快適に過ごすための注意点だよ!

次の項目では、秋キャンプを快適に過ごすための対策を紹介するね!

秋キャンプ快適にすごすための対策

関連記事紹介


パパ
秋キャンプには、【結露】【ドロップダウン】【風・乾燥】【暖まる食事】を対策することでさらに快適に過ごすことができるよ!
以前に書いた【冬キャンプ初心者必見】必需品・冬装備・冬対策はこれを押さえろ!の記事の中に具体的な対策を書いてるから、もしよかったらそっちの記事も読んでね!

あわせて読みたい
【冬キャンプ初心者必見】必需品・冬装備・冬対策はこれを押さえろ!

続きを見る

【持ち物・服装・シュラフ】快適な秋キャンプこそ気を付ける注意点! まとめ

今まで長々と書いてきましたがそろそろまとめていきたいと思います。

秋キャンプは気候がいいのでキャンプをするのに1番いい季節だと思います。

しかし日中と夜間の寒暖差が激しいので服装や寝具選びは難しい季節でもあります。

絶対に頭に入れておいて欲しいのは、自宅よりもキャンプ場の方が絶対に涼しいということです。

暑い分には服は脱げます。

暑かった場合に脱ぎやすく、寒い時にすぐ着れる服装でキャンプに行ってください。

そして寝具も寒いのは寝れないと思うので冬用のシュラフを持っていくことをオススメします。


また秋キャンプは木枯らしが吹いて気温以上に寒く感じることが多々あります。

その時のためにブランケットやカイロは保険として持っていく方が無難です。


秋キャンプは美味しい味覚や紅葉など色々楽しいことがいっぱいあります。

いい時期だからこそ他のキャンパーさんも多いですが、キャンプ未経験の人は少なくなってきます。

夏のキャンプとは違い、マナーの悪い人も少なくなってくるはずです。

あなたがマナーの悪いキャンパーにならないために、話し声の大きさなどのマナーには十分気をつけてください。

秋キャンプには夏キャンプにはなかった自然の美しさが感じれることがいっぱいあります。

ぜひ魅力的な秋キャンプに出かけてみてください!

【キャンプ用品】知らなきゃ損する燃料を灯油にするメリッ...

初心者必見【おすすめキャンプ用品14選】ファミリー&ソ...

初心者必見【設営・撤収・必需品・対策】雨でもキャンプを...

【持ち物・服装・シュラフ】快適な秋キャンプこそ気を付け...

【キャプテンスタッグ】EVAフォームマットはコスパ最強...

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ

-その他