キャンプ場

【大阪市内からアクセス抜群】OIWAKE PARK 徹底レビュー

パパ
どうも、ブログ管理者の やまちゃん @fiam_campです。

今回は奈良県奈良市にある【OIWAKE PARK】にデイキャンプに行ってきました。

利用料金も安く、大阪市内からアクセス抜群でとても行きやすいキャンプ場です。

今回行ってみて実感したことがあります!

【OIWAKE PARK】最高にいいキャンプ場でしたよ!

しかしこれだけでは【OIWAKE PARK】の魅力は全然伝わらないと思います。

【OIWAKE PARK】の魅力を紹介していきたいと思います。


こんな疑問をもったあなたに向けた記事

大阪市内から【OIWAKE PARK】までどれぐらいの時間かかるの?
【OIWAKE PARK】の利用料金はいくらなの?
何がそんなにいいの!?【OIWAKE PARK】の魅力は?
いいことばかりじゃないでしょ!?【OIWAKE PARK】の注意点は?

こんな疑問を解決します。


記事内容

  1. 秘境!【OIWAKE PARK】基本情報。
  2. 行けば納得!【OIWAKE PARK】ここが魅力!
  3. ここだけは気をつけて!【OIWAKE PARK】 注意点!
  4. 僕の独断と偏見で決めた【OIWAKE PARK】 総合評価


この記事では、【OIWAKE PARK】の魅力も、ここがイマイチな点も包み隠さず紹介していきます。

記事を読み終えた時に、少しでもワクワクしてくれれば嬉しいです。


OIWAKE PARK 基本情報


OIWAKE PARK  交通アクセス

住所:〒631-0055 奈良県奈良市大和田町1914−1
Twitterリンク:OIWAKE PARK

パパ
上記住所をカーナビに入力すれば、場所は出てくると思うよ。
万が一出てこなかった時の為に地図を貼っておくね!


大阪市内からだと OIWAKE PARKまでは高速道路は使わずに下道だけでも行けます。

大阪から阪奈道路を奈良方面に向かい道なりに走り、阪奈三碓という交差点を右折し近畿大学農学部(近畿大学奈良キャンパス)の方に向かえばOIWAKE PARKがあります。

高速道路を使う場合は、阪神高速13号東大阪線を奈良方面に進み、第二阪奈道路に入り【中町出口】で高速道路を下ります。

中町出口から下道を5分ほど走れば OIWAKE PARK に到着します。

高速道路に乗る方が約15分ぐらい早く到着できます。

パパ
高速道路を使えば大阪市内から約30分で到着できるよ!

高速を使わなかったとしても大阪市内から45分ほどで到着できるからアクセスは抜群にいいね!?



OIWAKE PARK シーズン・利用時間

OIWAKE PARKにはシーズンが設けられていません。

通年利用することが可能です!

しかし完全予約制なので注意が必要です。

OIWAKE PARKの利用時間ですが、宿泊キャンプとデイキャンプで異なります。

パパ
利用時間の一覧表を貼っておくね!
デイキャンプ11:00〜16:00
17:00完全退出
宿泊キャンプ17:00〜翌日10:00



OIWAKE PARK 料金・予約方法

OIWAKE PARK の予約方法は、OIWAKE PARK公式LINEからとなっています。

パパ
OIWAKE PARKのLINE予約フォームのリンクを貼っておくね!


利用料金は下記の表になっています。(2021/07/18現在)

利用施設デイキャンプ利用料金宿泊キャンプ利用料金デイ + 宿泊 デイ + 宿泊 + デイ駐車場料金
BBQ利用
(ウッドデッキ・ファミリーテント付き)
5,000円 + 大人1人400円
(1日1組限定・中学生以下無料)
1組(最大8名)
13,000円
無料
キャンプ利用(1日5組限定)1,000円(1人)2,300円(1人)3,000円(1人)3,800円(1人)無料
環境協力金200円(1人)200円(1人) 200円(1人) 200円(1人)
パパ
デイキャンプの利用料金は、環境協力金込み駐車料金無料で1人1,200円だからね!
この価格で利用させてもらえるのは安くて嬉しいね!?


事前に連絡しておけばレンタル用品・消耗品の販売もあるみたいです。

BBQコンロ7人用(レンタル)500円
焚き火台セット(レンタル)1,000円
ダッチオーブン(レンタル)500円
BBQ網(販売)300円
炭 3kg(販売)1,000円
パパ
レンタル品を利用する時は予約時に伝えようね!



OIWAKE PARK 施設・共有設備

パパ
施設・共有設備の紹介をしていくね!


テーブル・イス

OIWAKE PARK には備え付けのテーブル・イスのセットがあります。

使うのは自由みたいなので荷物を減らしたい人は使うといいと思います。

パパ
大きいヘキサタープを持っていればテーブルを覆えば完璧だね!?


OIWAKE PARKの共有設備は以上です!

OIWAKE PARKのコンセプトが【「何にもしない」ができる場所。】です。

何にもしない贅沢を味わいに行きましょう!

行けば納得!OIWAKE PARK ここが魅力!

ここからは、OIWAKE PARK の魅力を紹介していきたいと思います!


大阪からのアクセスが抜群にいい!

何を言ってもOIWAKE PARKの魅力は大阪市内からのアクセスのしやすさだと思います。

下道で行っても大阪市内から小1時間で到着できるのは魅了的です。

京都の笠木キャンプ場もアクセスしやすいですけど、さすがに下道の利用で小1時間で到着はできません。

OIWAKE PARKはデイキャンプに行くにしても、すぐの距離なので簡単に行くことができます。

大阪から近場のキャンプ場はあまりないのですごく嬉しいです。

パパ
渋滞もあまりしないと思うから行きやすいね!?



人があまりいない

まだあまりOIWAKE PARKが知られていないからか、利用者があまりいてなくOIWAKE PARKを独占できます。

パパ
僕が利用させてもらった日は他の1グループ3名の方がいただけだったよ!


これは不人気だから人がいないのではなく、まだ認知されていないだけだと思います。

この先で認知されだすと予約の取りにくくなるキャンプ場になっていきそうな予感がします。

パパ
今ならOIWAKE PARKを1人で独占できるチャンスかもよ!?



圧倒的開放感

OIWAKE PARK の広さはそこまで広くありませんが、先程も紹介しましたが他の利用者の方があまりいないので開放間がハンパないです。

そして近所に高い木や建物が無いので圧迫感がなく開放的です。

障害物になりえる物は共有設備のテーブルとイスだけです。

地面は砂地が広がっており、野球グランド程の広さがあります。

十分な広さがあるので色々なアクティビティを楽しめると思います。

パパ
他の利用者の人がいる時には邪魔にならないようにしようね!?



奈良盆地を一望できる

OIWAKE PARK の一方向は奈良盆地が広がっていて景色がすごくいいです。

行った日は黄砂が飛んでいて霞んでいましたが、OIWAKE PARKから若草山まで見えていました。

パパ
雨の次の日だともっとキレイに見えると思うよ!



絶景の夜景が見れる!

僕はまだOIWAKE PARKでの泊りのキャンプをしたことがないですが、昼間の景色を見ても夜景が綺麗なのは予想できました。

OIWAKE PARKの公式Twitterで夜景の景色をアップしてくれていました。

パパ
OIWAKE PARK公式Twitterのツイートを貼っておくね!





定期的に開かれる【焚き火を見る会】

OIWAKE PARKでは定期的に【焚き火を見る会】を開催しています。

下記引用が主催コンセプトです。

毎月1回開催される
「何にもしない」ができる場所。
をコンセプトに行われる【焚き火を見る会】
ただ、焚き火を見るだけでもいい。
ハンモックに揺られてもいい。
夜景を楽しんでも、音楽を楽しんでも。
その場所だけの出会いを楽しむのもいい。
温かくて優しい時間を一緒に創りませんか?

引用元:OIWAKE PARK


OIWAKE PARKで行われる【焚き火を見る会】参加費用は無料で参加できます。

キャンプをやったことがないけど、これからやってみたい人にはいいんじゃないでしょうか?

キャンプに興味はないけど焚き火をやってみたい人にもオススメです。


また【焚き火を見る会】は参加費用は無料ですが寄付金を募集しています。

金額は、100円、300円、500円の3種類があります。

寄付金が何に使われているかは下記引用に掲載しておきます。

毎月無料開催のこのイベントですが、皆様の協力の元、運営しております。

元々は、現代社会に生きずらさを感じた人達が少しでも、日々の喧騒を忘れて、時間を過ごせる場所。悩みを共有しあえる場所。何にもしないができる場所。を作りたい!そんな想いからこのイベントは誕生しました。

本当にみなさん自由に。イベントの時間を各々で過ごしてくださっており、この会は現代社会においての必要性を強く感じています。

新しい繋がりが生まれた方や新しい挑戦を始める方など嬉しいご報告も最近は聞くようになりました。

ですが、OIWAKE PARKの維持管理や隣接する追分梅林の維持管理だけでも年間200万円程かかってしまいます。

少しだけでも力を貸して頂けないでしょうか。

泣いて喜びます。

(焚き火を見る会は寄付金を払っている、払っていないに関わらずどなたでも無料でご参加頂けます。詳しくは公式Twitter@OIWAKE_PARKまで)

引用元:OIWAKE PARK
パパ
基本は無料で参加できるので興味のある方は参加してみてはいかがですか!?

ここだけは気をつけて!OIWAKE PARK の注意点!

ここまでOIWAKE PARKのことをいろいろ書いてきましたが、この項目ではOIWAKE PARKの注意点を書いていきます。

でもこれはあくまで僕の主観なので参考程度に捉えてください。

トイレがない!?

2021/07/26追記

OIWAKE PARK にトイレが設置されました!

パパ
これで女性の方も安心して OIWAKE PARKを利用することができるね!


これは言い方が適切ではないのですが、いつでも自由に使えるトイレはありません。

現状はOIWAKE PARKの管理者の方がおられる時にだけトイレが使えるみたいです。

OIWAKE PARK公式Twitterには2021年5月中にトイレを設置と書いてありました。

近いうちにいつでも使えるトイレが設置されると思います。

パパ
携帯トイレを持って行けば小さい方のトイレは解決できるね!?




炊事場・ゴミ捨て場がない!

OIWAKE PARKには炊事場もゴミ捨て場もありません。

BBQなどをする場合は使い捨ての食器にすれば洗わなくて済みます。

しかしゴミ捨て場が無いので自宅まで持って帰らなくてはいけません。

1番いいのは使ったクッカーや食器は一旦キッチンペーパーで拭いてキレイにして、自宅に持って帰ってからしっかり洗うのがいいと思います。

これだと来た時より増えるのは、汚れたキッチンペーパーだけなのでスペースが嵩張らないですし、ゴミの分別の手間も省けます。

なのでゴミ袋は多い目に持って行くことをオススメします。

パパ
不法投棄をしたり、近所のゴミ捨て場に捨てたりしないようにね!
自分の出したゴミなんだから責任をもって自宅まで持って帰りましょう!




日陰がない!

宿泊キャンプならテントを張ると思うのでいいのですが、OIWAKE PARKは開放感抜群の代わりに日陰になるものが一切ありません!

直射日光もそうなんですが、夏の急な天気の変化で雨が降ってきても雨宿りできる場所もありません。

最悪人は車の中に避難すれば助かりますが、キャンプギアは直射日光と雨の被害にあうと思います。

デイキャンプやBBQ利用だけであっても何らかの策は考えておく方がいいと思います。

パパ
簡単に日陰を作れるヘキサタープは便利だからいいよ!
価格も安価なのでオススメです!




地面がぬかるむ!

先日OIWAKE PARKを利用させてもらった前日が雨だったんですが、地面がぬかるんでいました。

所々には水たまりもできていました。

人が歩く分には何も問題がないのですが、車は別問題でした。

車が通った所には軽く轍ができていて、車のタイヤには泥がびっしり着いていました。

車は洗車すればキレイになりますが、地面にできた轍は簡単には消えません。

地面がぬかるんでいると感じる場合は、OIWAKE PARKキャンプサイト内奥には車で行かずに、入り口付近に車を止めキャンプギアを人力で運ぶ配慮が必要かもしれません。

パパ
以上4点が僕の思う注意点です。
あくまでも僕の主観なので参考程度に捉えてください。

僕の独断と偏見で決めた OIWAKE PARK 総合評価


今まで長々と書いてきましたが、そろそろまとめていきたいと思います。

今まで色々なキャンプ場に行きましたが、OIWAKE PARKは今までで1番ゆっくりできたキャンプ場です。

たしかにトイレが無かったり炊事場が無かったり不便はありますが、そこは持ち物でカバーできると思います。

【不便を楽しむ】のもキャンプの醍醐味だと思います。

マイナスの部分を見るよりも、もっと大きなモノがOIWAKE PARKにはありました。

僕が感じるOIWAKE PARKの魅力は、

  • 大阪市内からのアクセスが抜群にいい!
  • 人があまりいない!
  • 圧倒的開放感!
  • 奈良盆地を一望できる!
  • 夜には絶景の夜景が見れる!
  • 定期的に開かれる【焚き火を見る会】

今のところOIWAKE PARKは人が少なく誰にも気を使わなくてもいい最高のキャンプ場です。

OIWAKE PARKがコンセプトにしている、

「何にもしない」ができる場所。

この言葉に偽りはありませんでした。

大阪市内から30分で都会の喧騒から抜け出せる魅力的な場所。

OIWAKE PARK、ガチでオススメです!

ぜひ一度行ってみてください!

パパ
最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたのキャンプライフが輝くのを祈っています!

【キャンプ用品】知らなきゃ損する燃料を灯油にするメリッ...

初心者必見【おすすめキャンプ用品14選】ファミリー&ソ...

初心者必見【設営・撤収・必需品・対策】雨でもキャンプを...

【持ち物・服装・シュラフ】快適な秋キャンプこそ気を付け...

【キャプテンスタッグ】EVAフォームマットはコスパ最強...

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ

-キャンプ場