キャンプ場

【2021最新レビュー】マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場

パパ
どうも、ブログ管理者の やまちゃん @fiam_camp です。

今回は滋賀県高島市にある、マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場に2泊3日のキャンプに行ってきました。

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場は、大阪市内からアクセス抜群でとても行きやすいキャンプ場です。

琵琶湖の湖畔でキャンプができるのでマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場最高にいいキャンプ場です!


しかしこれだけではマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の魅力は全然伝わらないと思います。

なのでマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の魅力を紹介していきたいと思います。


こんな疑問をもったあなたに向けた記事

大阪市内からマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場までどれぐらいの時間かかるの?
マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の利用料金はいくらなの?
何がそんなにいいの!?マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の魅力は?
いいことばかりじゃないでしょ!?マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の注意点は?

こんな疑問を解決します。


記事内容

  1. マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 基本情報。
  2. 行けば納得!マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 ここが魅力!
  3. ここだけは気をつけて!マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 注意点!
  4. 僕の独断と偏見で決めた マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 総合評価


この記事では、マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の魅力も、ここがイマイチな点も包み隠さず紹介していきます。

記事を読み終えた時に、少しでもワクワクしてくれれば嬉しいです。


マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 基本情報

パパ
マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 の基本情報を紹介していくね!


マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場  交通アクセス

住所:〒520-1812 滋賀県高島市マキノ町西浜763-1
TEL:0740-28-1206
FAX:0740-28-1441
HPリンク:有限会社高木浜観光協会


大阪市内からだとマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場までは約2時間で行くことができます。

大阪市内からは名神高速道路京都東まではふたつのルートがあります。

  • 近畿道で吹田経由で名神高速道路京都東に行くルート
  • 第二京阪から京滋バイパス経由で名神高速道路京都東に行くルート


名神高速道路京都東を降りてからは湖西道路を北に向かって進んでいきます。

途中で湖西道路が終わり161号線を北上していき、セブンイレブン マキノ工業団地前店の交差点を右折します。

あとは道なりに直進していけばマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場に到着します。

パパ
最後に曲がる交差点に名前が無かったから、セブンイレブンを目印にしてね!
カーナビで探したら絶対に出てくると思うけど、一応地図も貼っておくね!
パパ
高速料金も安く、高速を降りてからもバイパスを通って行くから、大阪市内から約2時間で到着できちゃうよ!

でも暑い時期は湖水浴に行く人が増えるから、大阪市内から行く人は湖西道路の渋滞には注意してね!



マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 シーズン・利用時間

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場にはシーズンは設けられています。

4月1日から11月30日までの期間のみ利用可能です。

パパ
詳しくはマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場のHPをチェックしてみてね!


マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の利用時間はひとつだけです。

  • チェックイン:13時00分~17時00分
  • チェックアウト:12時00分
パパ
アーリーチェックインもあるみたいだけど、区画サイトだから前日に利用者がいてたら不可です。
アーリーチェックインの確認は直接マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場に電話で問い合わせてね!
アーリーチェックインの利用料金は1,000円だよ!



マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 料金・予約方法

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の予約方法は、マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場に電話、またはFAXのみとなっています。

電話受付時間は、9時00分〜17時00分まで。

FAXは、24時間受け付けています。

パパ
インターネットでの受付はしていないから注意してね!
オートサイトの場所指定は空いていれば可能みたいなので、指定したい場合は電話の時に聞いてみてね!
マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の電話番号とFAX番号を貼っておくね!

TEL:0740-28-1206

FAX:0740-28-1441


マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の利用料金は、デイキャンプと宿泊では異なります。

パパ
詳しい金額は下に表を貼っておくね!
デイキャンプ宿泊キャンプ(1泊)
キャンプサイト 1区画(駐車料金別)3,500円5,500円
環境整備(清掃・ごみ処理)協力金(1人 )100円(小学生以上)100円(小学生以上)
パパ
宿泊費とは別に駐車料金がかかります。
駐車料金の表も下に貼っておくね!
デイキャンプ宿泊キャンプ(1泊)
大型車3,500円5,500円
マイクロバス2,200円2,800円
キャンピングカー
(トレーラー付き)
2,200円2,800円
軽自動車・普通車1,100円1,700円
二輪車600円1,100円

利用料金は、利用日当日に受付で清算します。

精算方法は、現金のみとなっています。


またレンタル用品や消耗品の販売もあります。

テント4,000円
タープ1,800円
テーブル600円
チェア400円
電源引込み
(100v−1口)
1,700円
バーベーキューセット
(網、チャッカライター、着火剤)
2,000円
600円
焼きそばアルミプレート300円
木炭 1袋700円
薪 1束700円
飯ごう500円
調理セット
(まな板・包丁)
400円
ビーチパラソル1,200円
寝袋1,200円
毛布1,200円
レンタサイクル700円
パパ
繁忙期にレンタル用品を利用する場合は事前予約しておく方がいいよ!
消耗品の買い忘れがあった場合はとりあえず受付に行ってね!
パパ
上の写真が薪1束700円だからね!

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 施設・共有設備

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場
出典:マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場
パパ
施設・共有設備の紹介をしていくね!


入口・駐車場

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の入り口はひとつしかありません。

営業時間中なら入り口に マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の人がいてます。

キャンプか湖水浴かで対応が変わります。

湖水浴の場合は入り口の係りの人に1,000円を支払えばOKです。

キャンプ利用の人は係りの人から車を駐車する場所と、受付の場所を指示されます。

パパ
入口の目の前が受付になってるから迷うことはないよ!


受付

受付は、マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の入り口を入ると目の前にあります。

まずは受付に行ってチェックインを済ませてください。

パパ
コロナ禍の今だから受付に行く時は必ずマスクをしていってね!


喫茶・売店

受付の横には喫茶と売店が併設されています。

売店にはカップ麺やおやつが少量ですがおいていました。

パパ
また軽食なども売っていましたので上手く利用するのもありかもしれないね!?


シャワー・更衣室

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の受付の横にはシャワールームと更衣室があります。

シャワールームの中には有料(3分400円)ですが温水シャワーもあります。

外には水ですが無料のシャワーも完備されているので砂や泥を落とすだけなら外のシャワーがおすすめです。

パパ
真夏の撤収の作業は水着でして最後にシャワーを浴びて帰るとサッパリできるよ!


トイレ

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場には3箇所のトイレがあります。

3箇所ともしっかりと清掃されているのでとても綺麗です。

パパ
シャワー室の横にもトイレがあるからね!


炊事棟

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場には3箇所の炊事場があります。

炊事場も綺麗に清掃されているのでとても綺麗です。

また3箇所ともに炭・灰捨場も併設されていますので安心です。

パパ
炭を捨てるときは、完全に火が消えてるのを確認してから捨ててね!


ゴミステーション

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場には入り口横の1箇所しかゴミを捨てるところはありません。

またゴミステーション横にも灰・炭捨場もあります。

パパ
炭捨場の横には水道があって焚き火台やBBQコンロを洗うことができるよ!

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場には指定のゴミ袋はありません。

カン・ビン・ペットボトルは指定のゴミ箱に分別して捨ててください。

また乾電池も捨てることができます。

パパ
LEDランタンを使っている人には嬉しいね!


燃えるゴミは一袋にまとめておいて指定の場所に捨てればOKです。

パパ
みんなが捨てたゴミをマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の係の人が更に分別してたから、ゴミを捨てる時は必ず分別しようね!


3つの湖畔エリア

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場には3つのエリアがあります。

受付から湖畔に出たところは、湖水浴に来ている方が多い印象です。

受付奥のこの場所は大きなタープなどを張るのは禁止されていたので注意してください。

パパ
小さなポップアップテントを使っている人はいてたよ!


オートサイトになる琵琶湖ファミリーサイト(東)の湖畔エリアには、0番から14番までの15サイトがあります。


そして琵琶湖ファミリーサイト(西)の湖畔エリアには、24番から55番までの31サイトがあります。

パパ
湖畔エリアの50番が無いから合計数が31なんだよ!

あと湖畔エリアじゃないところにもサイトがあるよ!


バンガロー

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場にはふたつのバンガローがあります。

室内は5人用になっています。

パパ
詳しい仕様や料金は下記リンクを見てね!


BBQエリア

キャンプに行く人にはあまり関係ないとは思いますが、マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場にはBBQエリアがあります。

湖水浴だけをするためにマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場に行った方が利用されるためのものなのかもしれません。

BBQエリアも綺麗に清掃されていましたのでとても綺麗でした。

パパ
BBQエリアには屋根がついていて日陰で涼しかったよ!

BBQエリアの詳しい情報は下記リンクを見てね!


行けば納得!マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 ここが魅力!

ここからは、マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の魅力を紹介していきたいと思います!


琵琶湖で1番綺麗なビーチ

マキノサニービーチ高木浜と、マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の横になる知内浜は、琵琶湖でもっとも美しいビーチとされています。

湖畔には松並木が続き白砂清松百選に選ばれています。

また平成18年には快水浴場百選にも選ばれている綺麗なところです。

パパ
水もすごく澄み切っていてとても綺麗だよ!
シュノーケリングして潜っていると稚鮎がいっぱい泳いでいたよ!


湖畔でキャンプができる

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の湖畔サイトは、琵琶湖まで徒歩5秒でいけます。

なので湖水浴とキャンプを同時に楽しむという贅沢なことが簡単にできます。

またオートサイトは砂浜ではないので特別に砂浜用のペグを購入する必要もありません。

地中に石もほとんどなくペグが打ち込みやすい地質でした。

パパ
たまに柔らかい地質のところがあったから長い鍛造ペグの方が安心だよ!


キャンプサイトが大きい

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の湖畔サイトのサイズは、HPに載っているサイズは約 6 m × 11 m となっています。

我が家のテントはColemanのコクーンⅢを使っています。

コクーンⅢの横幅は 4 m でガイドロープを張ると約 6 m になります。

横幅はサイトにジャストになったので、横幅の 6 m はおおむね合っていると思います。

しかしもう一辺のサイズ 11 m は、確実に 11 m より大きいと思います。

コクーンⅢのもう一辺のサイズは約 7 m あります。

残り 4 m しかないはずですが、ヘキサタープを張ってサイト内にハリアーを停めることもできてました。

更に言えばまだ湖畔側にスペースもありました。

横幅の 6 m は合っていますがもう一辺の 11 m にはまだまだ余裕があったのでとても広々と使うことができました。

パパ
ガイドロープまで張って 6 m に収めないといけないから大きいなテントを使ってる人は気をつけてね!


大阪より涼しい

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場は滋賀県の北部にあります。

すぐ隣には福井県があるぐらいの場所です。

冬季には雪も降る場所です。

なので夏場の日中も大阪より涼しいのが特徴です。

今回盆休み中に行きましたが、夜間の気温は22℃まで下がっていました。

テントのベンチレーションを全開にすると扇風機も無しで、フリースの寝袋で朝までぐっすり睡眠することができます。

夜中に暑くて起きることはなく、どちらかといえば肌寒くて起きるほどです。

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場は避暑地としてもおすすめです。

パパ
夏でも夜間は涼しくなるから、薄い毛布やフリースの寝袋を持って行く方が安心だよ!


大阪からのアクセスが抜群にいい

冒頭の交通アクセスのところでも紹介しましたが大阪市内から約2時間あればマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場に到着できます。

大阪市内からだとマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場までは約120km程の距離になります。

道中の半分以上が国道を通るので高速料金も安く交通費が安いのも魅力です。

道中の国道も走りにくい道は無いので運転の苦手な方でも安心して行けると思います。

パパ
大阪市内からだと、ほとんどが高速とバイパスになるから、すごく行きやすいよ!

ここだけは気をつけて!マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 の注意点!

ここまでマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場のことをいろいろ書いてきましたが、この項目ではマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の注意点を書いていきます。

でもこれはあくまで僕の主観なので参考程度に捉えてください。

予約のキャンセルは 7日前まで

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の予約のキャンセル期日は利用日の7日前までです。

台風などの自然災害での予約のキャンセルは、7日以内でもキャンセル料はかかりません。

しかし予約日から7日を過ぎての自己都合による予約のキャンセルは、利用料の100%のキャンセル料がかかってしまいます。

予約をキャンセルする時は早めにキャンセルすることをおすすめします。

パパ
今回は2泊3日で予約してたけど、2日目の昼から豪雨の予報が出てました。
チェックインの時にマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の係の人から「2日目をキャンセルしてもキャンセル料はいらないよ」って提案してもらえたよ!
だからお言葉に甘えて2日目はキャンセルして1泊だけして帰ってきたよ!

普通の雨なら無理だけど豪雨ならキャンセル料はかからないみたいだよ!
疑問に思ったらとりあえず電話して聞いてみてね!


日中日陰が無い!?

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の湖畔エリアには日中ほとんど日陰がありません!

宿泊キャンプをする場合はテント・タープを張るので大丈夫だとは思います。


しかしデイキャンプや湖水浴の場合でも必ずタープは持って行く方がいいです。

日の出から日没までほぼ日陰がありません。

また急な天候不順で雨が降ってきた場合にも受付・管理棟まで行かないと雨もしのげません。

パパ
マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 に行く際は必ず日焼け対策と雨対策はしてくださいね!
湖水浴の場合は大きいタープは張れないから、小さいポップアップテントがおすすめだよ!
パパ
以上2点が僕の思う注意点です。
あくまでも僕の主観なので参考程度に捉えてください。

僕の独断と偏見で決めたマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 総合評価


今まで長々と書いてきましたが、そろそろまとめていきたいと思います。

今まで色々なキャンプ場に行きましたが、 マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場は今までで1番水遊びが満喫できるキャンプ場です。

  • 予約のキャンセルは7日前までにしないといけない
  • 日中日陰がない

2点の注意点はありますが、両方とも大した問題ではありません。

予約のキャンセルは余程のことがないとしないと思います。

そして日陰がない問題はキャンパーならタープを持っているので簡単に解決できます。


そして何より、マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場には魅力があります。

  • 琵琶湖で1番綺麗なビーチ
  • 湖畔でキャンプができる
  • キャンプサイトが大きい
  • 大阪より涼しい
  • 大阪からのアクセスが抜群にいい

こんなに多くの魅力がマキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場にはあります。

琵琶湖で1番綺麗なビーチが目の前に広がり、テントから5秒で琵琶湖に入れてすぐに泳げる。

水もすごく澄み切っていて、稚鮎が沢山泳いでいる綺麗なビーチです。

そして区画サイトにしてはサイトが大きく、ファミリーキャンパーの方の大きなテントでも張れます。

もちろん車もテントの横に駐車することができ、サイト内にタープも張ることができる広さがあります。

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場は大阪から約2時間で到着できる魅力的な場所です。

そして マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場の最大の魅力は、大阪より涼しく避暑地として使えることです。

日中は日陰があれば十分過ごすことができます。

大阪から2時間であれだけ涼しい場所は珍しいと思います。

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場は、子供は泳いで遊べ、大人は湖畔でのんびりできる。

大人から子供まで1日中遊びまくれてゆっくりできる、こんなキャンプ場本当に珍しいと思います!

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場 、ガチでオススメです!

ぜひ一度行ってみてください!

パパ
最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたのキャンプライフが輝くのを祈っています!

【キャンプ用品】知らなきゃ損する燃料を灯油にするメリッ...

初心者必見【おすすめキャンプ用品14選】ファミリー&ソ...

初心者必見【設営・撤収・必需品・対策】雨でもキャンプを...

【持ち物・服装・シュラフ】快適な秋キャンプこそ気を付け...

【キャプテンスタッグ】EVAフォームマットはコスパ最強...

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ

-キャンプ場