キャンプ用品 焚き火

【魔法の焚き火台】Petromax Atago 買って得した4個のこと!

パパ
どうも、ブログ管理者の やまちゃん @fiam_campです。

今回は【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】を買って実際に使ってみたので感想や注意点などを紹介していきます。


実際に【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】を使ってみるとイマイチなところもあります。

でもそのイマイチなところを遥かに凌ぐ魅力を【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】は持っています。

Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)ガチでオススメできる焚き火台です!

あなたも 【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】 を使って最高の焚き火を経験しませんか?


しかしこれだけでは全然【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】の良さもイマイチな所も伝わらないと思います!

我が家がなぜ【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】を購入したのか。

そして【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】の使用感などを書いていきたいと思います。

あなたが【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】を購入する時の参考に少しでもなれば幸いです。


こんな疑問をもったあなたに向けた記事

なぜ【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】を買ったの?
【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】の何がそんなにいいの?
【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】の魅力は?
【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】の注意点は?
いい事ばかりじゃないでしょ!?【 Petromax Atago(ペトロマックス・アタゴ)】のイマイチなところは?
こんな疑問・悩みを解決します。


記事内容

  1. 【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】 基本情報。
  2. 使えば納得!【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】ここが魅力!
  3. ここだけは気をつけて!【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】 注意点!
  4. 僕の独断と偏見で決めた【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】 総合評価


この記事では、 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)の魅力も、ここがイマイチな点も包み隠さず紹介していきます。

記事を読み終えた時に、少しでもワクワクしてくれれば嬉しいです。


なぜ Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)を購入したのか!?

今まで焚き火台は2個買ってきて、今回の Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)が3個目になります。

1個目に買ったのはコールマンのステンレスファイアープレイスⅢでした。

使ってて使用感に問題はなかったんですが収納時のサイズが大きくて、コンパクトに収納できる違う焚き火台を探し出しました。

パパ
コールマンのステンレスファイアープレイスⅢは焚き火もBBQもできる多機能でよかったよ!


次に購入したのは尾上製作所の焚火台&薪グリル【FG-35】した。

FG-35はそこそこコンパクトになりますし、使用感もよく不満はなかったんですが、使っているうちに灰受けのパーツが壊れてしまいました。

尾上製作所の方とお話しする機会があったのでパーツが出るか聞いたところ「出るのは出るが高額になる」という回答でした。

パパ
尾上製作所の方が故障個所の治し方のアドバイスをしてくれたから結局自分で直しました。


【FG-35】の故障期間中にいい焚き火台がないかググっていたら聞きなれないことばを聞きました。

それは、二次燃焼!!

二次燃焼を僕なりに調べてみてわかったことがあります。

二次燃焼を簡単に言うと、

【薪から煙として排出された可燃性ガスに、高温に熱した空気を送り込んでもう一度燃やすこと!】これが二次燃焼です!

パパ
DODさんのHPに解りやすい絵があったから貼っておくね!


二次燃焼が起こると、

  • 煙にもう一度着火さすので、煙が出にくくなる。
  • 煙に着火することによって火力も上がる。
  • 最後までしっかり燃え尽きるので灰が少なくなる。

というメリットがあります。

パパ
煙が少なくなるのは、服に匂いが付きにくくなるから嬉しいね!
燃え残りも少なくなるから後片付けも楽になるね!


二時燃焼を楽しめる焚き火台を探していて最終候補に残ったのが、

この3機種で悩みました。


DOD めちゃもえファイヤーは少人数で焚き火を楽しむだけなら十分なんですが、ファミリーで料理までとなると小さいかなと思い購入を断念。

価格面、性能、大きさ、収納、全てをクリアしたのは、mont-bell フォールディング ファイヤーピットでした。

しかし購入しようと探しましたがどこにも在庫がなく買うことができませんでした。

パパ
数店舗のmont-bell直営店に電話してみたけど、どこにも在庫はありませんでした。
5月末か6月初旬にはまた店舗に並ぶって店員さんが教えてくれたよ!


最終的に残ったのがPetromax Atago(ペトロマックス アタゴ)だったんですが1点気になることがありました。

Petromax Atago(ペトロマックス・アタゴ)は本当に二時燃焼タイプの焚き火台なのかという点です。

スター商事さんのHPを見てもどこにも二時燃焼の文字はありませんでした。

パパ
Petromaxの正規輸入代理店である株式会社スター商事さんに電話して直接聞いてみました。

回答としては、『一応、二時燃焼するタイプの焚き火台です』とのことでした。


こうなったら人柱になる覚悟でPetromax Atago(ペトロマックス アタゴ)の購入に踏み切ることにしました。

パパ
DOD めちゃもえファイヤーはソロだと十分なサイズだと思いますよ!
mont-bell フォールディング ファイヤーピットは購入できるチャンスがあれば購入したいと思います。

それじゃ次の項目では【Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】の基本情報を紹介していきたいと思います!

Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)基本情報

パパ
【Petromax】は1910年にドイツで創業した灯油ランタンのブランドです。
Petromaxの製品で有名なのはケロシンランタンのHK500だよね!?
【Petromax】という名前の由来は、灯油の “PETRO" と開発者の ”MAX" を合わせた造語みたいです。

それでは早速【Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】の詳細情報を見ていきましょう。


Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)詳細情報

商品名 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)
価格販売価格:42,900円(税込)
材質ステンレス
サイズ●使用時:φ 42 × 28cm
●収納時:φ 42 × 15cm
重量約6.1kg
付属品ロストル・焼き網
パパ
僕が、Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)を購入した2021年3月の価格は33,800円だったよ!
今はAmazonで38,600円で販売されてるから実際の販売価格は38,000円前後だと思うよ!


あと気になるのは【どれぐらいの薪の長さまで中に入るのか!?】って所ですよね?

Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)の本体のサイズはφ42cmですが開口部のサイズはどこにも書いていません。

パパ
それじゃ実際に測ってみましょう!
パパ
開口部の大きさは約φ31cmだったよ!
だから余裕をみて30cmまでの薪なら絶対に中に入ると思うよ!

使えば納得! Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)ここが魅力!

ここからは僕の思う【Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】の魅力を紹介していきます!


とにかく目立つ!

キャンプ場でとにかく目立ちます!

今まで何度もキャンプに行ってますが、Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)を使っている人は見たことがありません!


Petromax Atago(ペトロマックス・アタゴ)の初火入れになった先日の【ふもとっぱら】でも使っている人はいてなかったです。

それどころか他のキャンパーさんに『その焚き火台はなに!?』『どこのメーカー?』って声をかけられたぐらいです。

それも1日に3回も・・・

他のキャンパーさんの興味を惹くぐらい Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)は珍しく、魅力的な焚き火台みたいです。

パパ
他のキャンパーさんと被りたくない人には、Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)オススメします!
僕とは被りますけどね・・・




二時燃焼が楽しめる!

Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)を購入した最大の魅力は二時燃焼です。

使ってみるまでは二次燃焼するのか半信半疑でしたが、Atagoはしっかりと二時燃焼します。

二次燃焼して火力が強いので以前使っていた焚き火台より暖かいです。

それと、しっかりと二次燃焼してくれるおかげで煙の量もゼロではありませんがすごく少ないです。

パパ
動画も撮ってみたから見てみてね!
パパ
家に帰ってから気づいたけど、明らかに服についている焚き火の匂いがいつもより残っていなかったよ!
これは正直嬉しい誤算でした!

二次燃焼を存分に楽しみたいのなら【木質ペレット燃料】もオススメです!
木質ペレット燃料の記事も書いているのでよかったら読んでください!
あわせて読みたい
【木質ペレット燃料】Petromax Atagoで焚き火!二次燃焼がヤバイ!

続きを見る




火力調整が簡単!

Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)本体には火力調整用のレバーがついています。

パパ
反対側にも小さいけど火力調整するレバーみたいなのがついてるよ!

このレバーを動かすことで Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)本体内部ロストルより下の窓が開いたり閉じたりします。

パパ
動画を貼っておくね!
パパ
七輪の火力調整の仕方と同じ感じだよ!
簡単に火力調整ができるのはありがたいね!?




灰の量が圧倒的に少ない!

前日のBBQと焚き火の後片付けするを時に気付いたことなんですが、燃えカスである灰の量が明らかに少ないんです!

これは二時燃焼の効果で、薪が最後まで燃え尽きているからだと思います。

パパ
灰の量が少ないので後片付けがすごく楽だよ!
パパ
広葉樹の薪を20kg以上燃やしてもこの量ですんだよ!



いろいろな料理が楽しめる!

Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)は、1台で4種類の調理法を楽しむことができます。

今まで散々焚き火台については言ってきましたが Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)は料理でも大活躍します!

BBQはもちろん、ダッチオーブンを Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)の中に入れて釜のような使い方もできます。

パパ
僕が持ってるのは10インチのダッチオーブンだけど、12インチのダッチオーブンまでなら中にすっぽり入るみたいだよ!


中華鍋を使った料理って書いてますが、焼き網自体がすごく頑丈に作られているので焼き網の上にスキレットを置いて炒め物もできます。

パパ
今回はラージメスティンでキムチ鍋を作ってみました!
Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)1台で色々な料理ができるのは、料理好きな私にとっては最高に嬉しいことです!
ママ




設置・収納がすごく簡単!

下の動画を観てもらえればわかると思うのですが、設置・撤収がすごく楽なんです!

設置するときは、Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)本体の持ち手を持って上に持ち上げるだけ!

パパ
持ち上げると自動的に3つの脚が飛び出してくるので、これで設置完了です!


撤収の時は、Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)本体を下から持ち上げると脚が自動的に格納されます。

パパ
後片付けする時に、手が汚れることがないからすごく嬉しいね!

後片付けする時は Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)が完全に冷えてるのを確認してからしてね!
誤って熱い時に Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)の下を持っちゃうと大火傷しちゃうからね!
火傷だけには十分注意してください!




とにかく頑丈!

Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)本体がステンレスでできているのですごく頑丈にできています。

ステンレス製ということもありサビにも強く長く使用することが可能だと思います。

付属のロストル・焼き網も頑丈にできているのでそう簡単には壊れないと思います。

パパ
ステンレスはサビにくいだけで絶対にサビないわけじゃないから水洗いとかはなるべく避ける方がいいと思うよ!

ここだけは気をつけて! Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)注意点!

Petromax Atago(ペトロマックス・アタゴ)を使う上でイマイチな所、注意点があるので紹介していきます。


価格が高い

購入する前からわかっていることですが価格が高いです。

定価だと税込42,900円もします。

各ECサイトを色々見ましたが38,000円前後で、どこも同じぐらいの価格でした。

焚き火台に40,000円弱は正直悩みました・・・

パパ
僕はたまたまヤフオクで即決送料込み33,800円で出品してくれている人がいたから安くで買えました。
もし Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)を購入する時は色んな所を見てね!

意外とヤフオクが穴かもしれませんよ!?




収納袋が別売り

Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)は専用の収納ケースは別売りになっています。

Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)本体の定価が40,000円を超えているのにもかかわらず収納ケースは別売り・・・


そしてこの収納ケースも税込5,830円とそんなに安くありません。

でも収納能力は抜群です!

パパ
持ち運びに困るから買ったけど、収納ケースはセットにしておいて欲しかったですね!?




でかい!

大きいことは購入前からわかっていたことなんですが、改めて Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)を目の前にすると『でかっ!』って思います。

使用時のφ42cm×28cmはいいとして、収納時のサイズはφ42cm×15cmです。

高さが15cmまで小さくなるといっても、15cmは正直でかく感じます。

これから購入を考える方は取り扱っている店舗に行って、実際に目で見て確認してから購入することをオススメします!

パパ
家の中に似たようなサイズのモノがないか探したけど何もありませんでした。
想像以上に大きいから実際に確認する方がいいよ!




燃費が悪い!

二次燃焼の効果なのか、Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)は薪の消費スピードが速いです。

その分火力は強いのでいいんですが想像以上に薪がなくなるので驚いています。

広葉樹の大割の薪でも問題なく燃やし切ってくれます。

その反面、針葉樹の薪は燃え尽きるスピードが驚くほど速いです。

焚き付けの時はいいと思いますが Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)には針葉樹の薪は向いていないかなと思います。

パパ
今まで使っていた焚き火台より薪の量が1.5倍以上必要になったから薪代がかかるのは覚悟してね!

【薪の選び方】の記事もあるのでよかったら読んでください!
あわせて読みたい
【薪の選び方】薪を制する者は、焚き火を制す!厳選【薪】10種類

続きを見る




ロストルの目が大きい

ロストルの目が大きいので、少し大きな燃えている途中の薪も Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)の底に落ちていってしまいます。

底に落ちていくカスの量が増えてくると、火力調整の空気窓を塞ぎだしてしまい火力が下がってきます。

夜だけの焚き火なら問題ないですが、昼から料理をしてそのまま薪をたし続けると確実に火力が下がりますので注意してください。

パパ
今度仕事が暇な時にロストルを自作しようと思います。


2021/04/05追記

1.5mmのステンレスの板に5mmの穴をあけて、Petromax Atagoのロストル自作しました。

パパ
これで空気窓を塞ぐことがなくなったので、火力が落ちなくなりました!
パパ
ロストルを自作したことで、木質ペレットを使えるようになったので更に2時燃焼が過激になったよ!
詳しくは下のブログのリンクを見てね!
【木質ペレット燃料】Petromax Atagoで焚き火!二次燃焼がヤバイ!

続きを見る

僕の独断と偏見で決めた Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)総合評価

長々と書いてきましたがそろそろまとめていきたいと思います。

【Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】は僕の中の焚き火台No,1になりました。

正直欠点もあります。

  • 価格が高い
  • 収納ケースが別売り
  • 本体サイズがでかい
  • 薪代がかかる
  • ロストルの目がでかい


しかしそんな欠点をはるかに上回る魅力を Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)は持っています。

  • カッコイイ!とにかく目立つ!
  • 二次燃焼が楽しめる!
  • 火力調整が簡単!
  • 灰の量が圧倒的に少ない!
  • いろいろな料理が楽しめる!
  • 設置・収納がすごく簡単!
  • とにかく頑丈!

【Petromax Atago(ペトロマックス・アタゴ)】は、魅力がたっぷりあります。


僕が感じる Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)を買って得した4個のことは、

  • キャンプ場で他の人と被ることがない!
  • 二次燃焼するので煙が少なく、服に匂いがつきにくい!
  • 設置・撤収が一瞬!
  • 料理の幅が広がる!


【Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】は、キャンプで楽しい思い出を演出してくれる頼れる相棒です!

魔法の焚き火台【 Petromax Atago(ペトロマックス アタゴ)】最高です!

パパ
最後まで読んでくれてありがとうございました。

あなたのキャンプライフが輝くことを願っています!
【木質ペレット燃料】Petromax Atagoで焚き火!二次燃焼がヤバイ!

続きを見る

【キャンプ用品】知らなきゃ損する燃料を灯油にするメリッ...

初心者必見【おすすめキャンプ用品14選】ファミリー&ソ...

初心者必見【設営・撤収・必需品・対策】雨でもキャンプを...

【持ち物・服装・シュラフ】快適な秋キャンプこそ気を付け...

【キャプテンスタッグ】EVAフォームマットはコスパ最強...

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ

-キャンプ用品, 焚き火