キャンプ用品

【オゴスポーツ】オゴディスクミニはキャンプで子供も大人も楽しめる遊び道具

パパ
どうも、ブログ管理者の やまちゃん @fiam_campです。

今回は、オゴスポーツ(Ogosport)から発売されている、オゴディスクミニを購入したので紹介していきます。


【オゴスポーツ】オゴディスクミニは、小さな子供から大人まで家族全員で楽しめる遊び道具です。

ひとつの遊び道具で複数の遊びができる優れたアイテムです。

一度でも【オゴスポーツ】オゴディスクミニで遊んでみると、誰もが【オゴスポーツ】オゴディスクミニの楽しさの虜になると思います!

あなたも家族や友人と楽しい時間を過ごしませんか!?


しかしこれだけでは【オゴスポーツ】オゴディスクミニの楽しさが全然伝わらないと思います!

僕がなぜ【オゴスポーツ】オゴディスクミニを購入したのか。

そして【オゴスポーツ】オゴディスクミニの使用感などを書いていきたいと思います。

あなたが【オゴスポーツ】オゴディスクミニを購入する時の参考に少しでもなれば幸いです。


こんな疑問をもったあなたに向けた記事

なぜ【オゴスポーツ】オゴディスクミニを買ったの?
【オゴスポーツ】オゴディスクミニの何がそんなにいいの?
【オゴスポーツ】オゴディスクミニの魅力は?
【オゴスポーツ】オゴディスクミニの注意点は?
いい事ばかりじゃないでしょ!?【オゴスポーツ】オゴディスクミニのイマイチなところは?
こんな疑問・悩みを解決します。


記事内容

  1. 【オゴスポーツ】オゴディスクミニ 基本情報。
  2. 遊べば納得!【オゴスポーツ】オゴディスクミニ ここが魅力!
  3. ここだけは気をつけて!【オゴスポーツ】オゴディスクミニ 注意点!
  4. 僕の独断と偏見で決めた 【オゴスポーツ】オゴディスクミニ 総合評価


この記事では、【オゴスポーツ】オゴディスクミニの魅力も、ここがイマイチな点も包み隠さず紹介していきます。
記事を読み終えた時に、少しでもワクワクしてくれれば嬉しいです。


どうして【オゴスポーツ】オゴディスクミニを購入したのか!?

あなたはキャンプに行った時に遊び道具は持っていきますか!?

我が家ではキャンプには必ず持って行く遊び道具があります。

子供から大人まで家族全員で遊べるバドミントンセット、フリスビー、芝そり、ナンジャモンジャです。

しかしバドミントンのセットはホームセンターで買ったのですぐにボロボロになってしまいました。

バドミントンは楽しいんですがまた同じのを買い直すのも考えものだったので悩んでいました。


そこで何かいいものがないか探し始めました。

しかしイマイチいいものがありません。

そんな中、ふもとっぱらにキャンプに行った時に友達家族が持ってきていた遊び道具に衝撃を受けました。

それが【オゴスポーツ】オゴディスクミニだったんです。

友達の子供と一緒になって【オゴスポーツ】オゴディスクミニで遊んでいる子供たちの姿を見て購入を決断しました。

パパ
子供達が遊んでるのを見てて楽しそうがったから僕もやらせてもらったけどオゴディスクミニすごく楽しいよ!
遊んでみて子供が夢中になるのがよくわかったよ!

【オゴスポーツ】オゴディスクミニ 基本情報

パパ
ここでは【オゴスポーツ】オゴディスクミニの基本情報を紹介しますね!

見やすいように表にまとめておきますね!


メーカーオゴスポーツ(Ogosport)
製品名オゴディスクミニ
サイズ直径約 30 cm × 高さ約 3 cm
セット内容ディスク2枚
ボール1個
カラーバリエーション
(各セット)
イエロー・ブルー
オレンジ・グリーン
オレンジ・ブルー
ピュアレッド・ライトグリーン
素材EVA樹脂
ナイロン・ポリウレタン繊維
合成ゴム
容量15 ℓ


パパ
僕が調べた感じだとAmazonが送料込みで1番安かったよ!
僕が買ったカラーはオレンジ・グリーンとイエロー・ブルーの2セットだけど、色は他にもあるからね!

遊べば納得!【オゴスポーツ】オゴディスクミニ ここが魅力!

遊んでみて初めてわかった、【オゴスポーツ】オゴディスクミニの魅力を紹介していきます。


バドミントンの代わりになる

元々はバドミントンのガットが切れて使えなくなってきたのでオゴディスクミニを買いました。

なのでオゴディスクミニが、バドミントンの代わりになるのは知っていました。

使い方も簡単で、オゴディスクミニを手に持ち付属のボールを打ち合うだけです。

で、ここで嬉しい誤算があったんです!

それは・・・

小学4年生の次女が、オゴディスクミニならラリーが簡単にできるんです!

そら
わたしにはバドミントンは難しくてできませんでした。


バドミントンはできなくて、オゴディスクミニならなぜできるか気になりますよね!?

それはオゴディスクミニのガットになる部分の面積がバドミントンのラケットに比べると大きいからです。

パパ
少しの差だけど子供には大きな差みたいです。


そしてボールを打つガット部分がバドミントンのラケットに比べると手から近くなったからです。

そら
オゴディスクミニは手の感覚でできるからバドミントンより簡単だよ!


またオゴディスクミニのガット部分は柔らかいので力強く打ち返す必要もありません。

パパ
ガットは破れそうで破れない不思議な感触だよ!


オゴディスクミニは必ず片手で持つ必要性はありません。

オゴディスクミニを片手で持つことが難しい小さな子供でも、オゴディスクミニを両手で持って楽しむことができます。

パパ
うまく遊べない小さな子供でもオゴディスクミニを持っている子供に、パパやママがボールをガット部分に投げてあげると絶対に子供は喜ぶと思うよ!

バドミントンができない子でも、オゴディスクミニならラリーができるかも!?


フリスビーにもなる

オゴディスクミニはバドミントンのようにラリーをして楽しむだけではありません。

オゴディスクミニの本体はフリスビーの代わりにもなるんです。

普通のフリスビーのように手で持つところが細くなく、丸みがあり掴みやすい程よい太さになっています。

なので普通のフリスビーに比べると目標物にまっすぐ投げやすくなっています。

パパ
僕も子供たちも普通のフリスビーより投げやすい印象だよ!

オゴディスクミニは普通のプラスチック製のフリスビーより投げやすい!


風の影響を受けにくい

バドミントンやフリスビーって風の強い日にやっていたらうまくいきませんよね!?

バドミントンもフリスビーも風の影響をもろに受けてしまいます。

でもオゴディスクミニは少々の風があっても楽しむことができます。

オゴディスクミニに付属されているボールはバドミントンのシャトルに比べると重さがあります。

なので少し風があっても影響を受けにくく、風に流されないで相手のところに飛んでいきます。

パパ
風の影響を受けにくいからバドミントンのできない子でもラリーを楽しむことができるんだね!
でもあまりにも風の強い日にはできないから注意してね!

オゴディスクミニはバドミントンやプラスチック製のフリスビーより風の影響を受けにくい!


ケガをしにくい

オゴディスクミニの本体のディスクや付属のボールの素材は固くありません。

本体ディスクはEVA樹脂が使われています。

パパ
EVA樹脂は身近なモノでいうと、ジョイントマットやコーナーガードに使われている素材だよ!
キャンパーにお馴染みのキャンプマットもEVA樹脂製品だよ!

出典:Amazon


さすがに目などに当たると危険ですが、子供の安全を守るコーナーガードなどにも使われている素材なので怪我をする可能性は下げることができると思います。

パパ
付属のボールも固くないから安心してね!

オゴディスクミニは子供が怪我をする可能性を下げてくれる!


丸洗いできる

キャンプや公園に行くと水溜りがあったり、急な雨で地面がドロドロになることがあります。

そんな中でオゴディスクミニで遊んでいると土や泥がついて汚れてしまいます。

しかし安心してください。

オゴディスクミニは水で丸洗いできるんです。

先ほども言いましたがオゴディスクミニのディスク本体はEVA樹脂でできています。

EVA樹脂は水を吸収しにくいという特性を持っています。

また付属のボールは合成ゴムでできているので、ボールも丸洗いできます。

パパ
真ん中のガット部分は水を吸いますが、すぐに乾くのから気にしないでいいよ!

汚れた時は丸洗できる!


遊び方は無限大

オゴディスクミニの遊び方は自分たちで色々考えて作ることができます。

オゴディスクミニのパッケージにも書いてありましたが、付属のボールの代わりに水風船をボールがわりにして遊ぶこともできます。

子供たちと水風船でやってみましたが、いつ割れるかわからないスリルがあってドキドキしながら遊べました。

パパ
割れた後の水風船のゴミは必ず拾ってゴミ箱に捨てようね!

自分たちでオリジナルの遊びを作れる!


番外編【ろっくん】ができる

【ろっくん】って知ってますか!?

今回このブログのこの項目を書くのに小学生の頃にやっていた遊びを思い出していました。

すると【ろっくん】を思い出しました。

でも一般的には【ろくむし】という遊びみたいです。

パパ
【ろっくん】って大阪しか言わない名称なのかもしれません。
しらんけど・・・

ろっくんの遊び方は簡単です。

① 20mほど離れた場所に2つの円を描く。
② オニを2人決め、オニがやわらかい小さなボールを投げ合っている間に、子は2つの円を走って行き交う。
③ 1往復したら「いちむし」、2往復したら「にむし」と数え、6往復できたら「ろくむし」となり、子の勝ち。
④ 子はいったん円を出ると、反対側の円にたどり着くまで、同じ円には戻れない。
⑤ 子が円の外に出ている間に、オニにボールを当てられたらアウト。
⑥ 子が全員アウトになったらオニの勝ちで、初めにアウトになった2人が次のオニとなる。

引用元:https://www.japan-sports.or.jp/portals/0/acp_SP/shidousya_rokumushi.html


①のところの2つの円を描くをオゴディスクミニに変更して、ボールをオゴディスクミニの付属のボールに変更すれば簡単にできます。

しかし欠点があってディスクが動きやすいのと、最低3人いてないとできない遊びなので注意が必要です。

パパ
ろっくんは最低でも4人以上いる方が面白いよ!
ちなみに我が家の子供たちは、ろっくんを知りませんでした。
今できの子供たちはしないんですね。

親世代には懐かしい遊びができる!

ここだけは気をつけて!【オゴスポーツ】オゴディスクミニ 注意点!

今まで良いところばかり紹介してきましたが注意点もあるので紹介しておきます。

あくまでも僕の感じる注意点なので参考程度に捉えてくださいね!


価格が高い!?

価格に関しては個人差があるので一概に言うことはできませんが高く感じる人もいてると思います。

パパ
僕がAmazonで買った時で、2,750円(税込)してたよ。


僕は自分で購入する前に友達家族のを使って楽しさがわかっていたので2,750円は高く感じませんでした。

でも実際に遊んだことのない人には2,750円は正直高く感じてしまうかもしれません。

しかし【オゴスポーツ】オゴディスクミニは家族や友達と遊ぶのに最適です。

パパ
稀にですがアウトドアショップや大型スポーツ用品店で体験会をやってるみたいだよ!
気になる人は、【オゴディスクミニ 体験会】なんかでGoogle検索すると出てくるかもよ!?

僕が思う【オゴスポーツ】オゴディスクミニの注意点はこの1点だけだよ!

僕の独断と偏見で決めた【オゴスポーツ】オゴディスクミニ 総合評価

今まで長々と書いてきましたがそろそろまとめていきたいと思います。

【オゴスポーツ】オゴディスクミニには1点の注意点があります。

  • 価格が高い!?

2,750円を高いと感じるかは人によって違いますが決して安い遊び道具ではありません。


しかし【オゴスポーツ】オゴディスクミニには遊んでみると価格が気にならないくらいの魅力がいっぱいあります。

  • バドミントンの代わりになる
  • フリスビーにもなる
  • 風の影響を受けにくい
  • ケガをしにくい
  • 丸洗ができる
  • 遊び方は無限大

【オゴスポーツ】オゴディスクミニにはこれだけの魅力がいっぱい詰まっています!


【オゴスポーツ】オゴディスクミニはバドミントンのように付属のボールを使って撃ち合うことができます。

付属のボール以外にも、バドミントンのシャトルや水風船、ゴムボールでもラリーをして遊べます。

【オゴスポーツ】オゴディスクミニのディスク、付属のボールは濡れてもすぐに乾くので水辺のアクティビティとして遊ぶこともできます。

ビーチボールは風の影響を受けやすいですが【オゴスポーツ】オゴディスクミニは風の影響を受けにくいので水に入りながら遊ぶことも可能です。

そして【オゴスポーツ】オゴディスクミニ本体のディスクはフリスビーにもなるので、飽きやすい子供でも長時間遊んでくれます。

また砂や泥、海水などで汚れた時には水で丸洗することも可能なのでいつも【オゴスポーツ】オゴディスクミニを清潔に保っていられます。

外で遊んでいるとどうしても怪我をしてしまうことがあると思います。

しかし【オゴスポーツ】オゴディスクミニはEVA樹脂でできているので小さな子供でも怪我のリスクを下げることができると思います。


【オゴスポーツ】オゴディスクミニの遊び方は無限大です。

考えれば考えるほど色々な遊び方ができます。

子供から大人まで時間を忘れて一緒に遊ぶことができるので子供も大人も満足できると思います。

【オゴスポーツ】オゴディスクミニ、マジで楽しいです!

【オゴスポーツ】オゴディスクミニで一度遊んでみてください!

【オゴスポーツ】オゴディスクミニ、かなりオススメできる遊び道具です!

パパ
最後まで読んでくれてありがとうございました。

あなたのキャンプライフが輝くことを願っています!

【キャンプ用品】知らなきゃ損する燃料を灯油にするメリッ...

初心者必見【おすすめキャンプ用品14選】ファミリー&ソ...

初心者必見【設営・撤収・必需品・対策】雨でもキャンプを...

【持ち物・服装・シュラフ】快適な秋キャンプこそ気を付け...

【キャプテンスタッグ】EVAフォームマットはコスパ最強...

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ

-キャンプ用品