登山用品

ココヘリって必要?実際にもっている私がメリット&デメリットを紹介

パパ
どうも、ブログ管理者の やまちゃん @fiam_campです。

今回は山岳遭難・救助の現場でもっていると活躍する COCOHELI(ココヘリ)を紹介していきたいと思います。

「私は低山しか行かないからCOCOHELI(ココヘリ)なんて必要ない」と思っていませんか!?

家の近くの低山でも、3,000 m を超える北アルプスの山でも COCOHELI(ココヘリ)をもっている方が絶対にいいです。

近年では COCOHELI(ココヘリ)を持っていないと入山できないスキー場もでてきています。

COCOHELI(ココヘリ)を持っていたおかげで遭難現場から生還した事例もあります。

滑落やケガだけが遭難ではありません。

低山でも道迷いや病気、異常気象による遭難は発生します。

万が一、単独登山者の方が道迷いや行動不能で遭難した場合は、すべての問題を自己解決しないといけなくなってしまいます。

そんな絶体絶命のピンチの時にあなたの命を守ってくれるのが COCOHELI(ココヘリ)です。


あなたもCOCOHELI(ココヘリ)に加入して、万が一の時のための【安心】をもって登山に行きませんか!?



しかしこれだけでは COCOHELI(ココヘリ)のメリットやデメリットが全然わからないと思います。

僕がなぜ COCOHELI(ココヘリ)に加入したのか。

そしてなぜ COCOHELI(ココヘリ)に加入する方がいいのか。

COCOHELI(ココヘリ)のメリット・デメリットなどを書いていきたいと思います。

あなたが COCOHELI(ココヘリ)に加入する時の参考に少しでもなれば幸いです。


こんな疑問・悩みをもったあなたに向けた記事

なぜCOCOHELI(ココヘリ)入会したの?
COCOHELI(ココヘリ)の何がそんなにいいの?
COCOHELI(ココヘリ)のメリットは?
COCOHELI(ココヘリ)のデメリットは?
いい事ばかりじゃないでしょ!?COCOHELI(ココヘリ)のイマイチなところは?
こんな疑問・悩みを解決します。


記事内容

  1. COCOHELI(ココヘリ) 基本情報。
  2. 入会すれば安心!COCOHELI(ココヘリ)ここがメリット!
  3. ここだけは気をつけて!COCOHELI(ココヘリ) 注意点!
  4. COCOHELI(ココヘリ) のデメリットはこれ!
  5. 僕の独断と偏見で決めた COCOHELI(ココヘリ)総合評価


この記事では、COCOHELI(ココヘリ)の魅力も、ここがイマイチな点も包み隠さず紹介していきます。
記事を読み終えた時に、少しでもワクワクしてくれれば嬉しいです。


期間限定】入会金 3,300円 OFF 入会金無料キャンペーン実施中

詳細はページ後半に書いてあります。

今すぐ情報を見たい方は下のボタンをクリック!

COCOHELI 入会金 3,300円 OFF 入会金無料キャンペーン


どうして COCOHELI(ココヘリ)に入会したのか!?

僕がなぜ COCOHELI(ココヘリ)に入会したのか・・・

それは、遭難しかけたからです。

それも2回も・・・


1回目の遭難未遂は、大阪府と奈良県にまたがる標高 1,125 m の金剛山での道迷いでした。

普段とは違う登山道に行ってみたくなり、知らない獣道に入っていったのが間違いでした。

登っている途中から急斜面になり、気付いた時には来た道を引き返すこともできなくなっていました。

引き返せないほどの急斜面なので稜線を目指し、ひたすら這いつくばって登っていきました。

道中にあきらかにお供えのお花があった時には正直肝を冷やしました。


2回目の遭難未遂は、7月30日に行った兵庫県にある標高931 m の六甲山での熱中症です。

その時は家族と山行していたのですが、どうしても有馬三山 裏六甲縦走路を歩いてみたくなり山頂で家族と別れました。

家族はロープウェイを使い一足先に有馬温泉に下山し温泉を楽しんでいました。

僕は単独で有馬三山 裏六甲縦走路を使って有馬温泉に下山を開始したのですが途中からどうしても身体がうまく動きません。

大量の発汗から手足がしびれだし、動悸が激しくなりすごい倦怠感に襲われ行動不能になりました。

夏場だったのでザックの中に万が一の時の為に、経口補水液 OS-1 を持っていたの思い出しその場ですぐに飲み、日陰で横になり休憩して体力を回復しました。

その時は行動不能になった場所が下山口付近だったので何とか自力で下山できました。


二度ともたまたま遭難未遂ですみましたが、一歩間違えると遭難し周りを巻き込み大ごとになっていました。

遭難は滑落や道迷いだけだと思っていましたが、二回目の熱中症での行動不能の遭難もありうると実感しました。

家族のために、そして自分自身が確実に家に帰るために COCOHELI(ココヘリ)に加入しました。

遭難は他人事ではなく、登山者なら誰もが遭難のリスクがあるということを理解しておく必要があります。

パパ
山岳遭難に標高はまったく関係ないよ!
道迷い、滑落、ケガ、急病、落石、疲労、転倒、あげればキリがないよ!
ここ最近の異常気象での落雷や川の増水での遭難もありうるからね!

COCOHELI(ココヘリ) 基本情報

パパ
ここでは COCOHELI(ココヘリ)の基本情報を紹介しますね!

見やすいように表にまとめておきますね!

社名AUTHENTIC JAPAN株式会社
サービス名COCOHELI(ココヘリ)
サイズW39mm × H58mm x D12mm
重量約20g
カラーマットブラック
サハラベージュ
THE NORTH FACE(チャリティモデル)
生産国日本
付属品Micro USBケーブル
バックパック固定用専用ホルダー
カラビナ型キーホルダー
その他機能生活防水
‍※水圧のかかる使用環境(沢登り、渓流釣りなど)においてはジッパー付きのビニールに入れるなどの防水対策が必要
技術仕様・Bluetooth 4.x (Bluetooth Low Energy)
・920MHz帯特定小電力無線局
適合規格・Bluetooth SIG認証
・日本電波法認証
パパ
会員証である発信機本体はレンタルだからCOCOHELI(ココヘリ)を解約する時には返却しないといけないからね!
あと発信機本体が会員証になってるから絶対に無くさないように注意してね!

入会すれば安心!COCOHELI(ココヘリ) ここがメリット!

COCOHELI(ココヘリ) 会員になると受けれるメリットを紹介していきます。


遭難時の早期発見

遭難した場合、早期に発見されることで生還できる確率が格段に上がります。

ココヘリに加入していれば会員証(発信機)からの電波を受信し早期に発見してもらうことができます。

人命救助のタイムリミットは 72 時間といわれています。

早期発見、早期救助が生還するためには必須になります。

パパ
72時間の壁を越えると極端に生還率が下がってしまうんだよ。


また滑落や落雷などで亡くなってしまっている場合でも遺体を発見するのにCOCOHELI(ココヘリ)は欠かすことができません。

どこで遭難したのかがわからず、遺体が発見できない場合は死亡扱いにはならず、7年間も失踪扱いになってしまいます。

失踪扱いになってしまうと色々な不具合がでてきてしまいます。

  • 生命保険金
  • 住宅ローン団体信用生命保険
  • 退職金
  • 遺族年金など

これらすべてのお金が、事故から最長7年間も受け取ることができません。

その7年の失踪扱いの期間中も住宅ローンの支払いは継続されます。

残された家族を路頭に迷わさないためにも、登山者は COCOHELI(ココヘリ)を携帯し、遭難時短期間で発見されるよう努めるべきです。

パパ
遭難は自分だけの問題じゃなくて、周りの人も巻き込むから万が一の時の備えは必要だね!

チェックポイント

自分自身の安心のため、そしてあなたの帰りを待つ家族の安心のためにCOCOHELI(ココヘリ)がある!


日本国内の山域が捜索範囲

COCOHELI(ココヘリ)の捜索範囲は、全国の航空会社との提携ネットワークを駆使し、日本国内の山域をカバーしています。

全国34都道府県の警察と消防が COCOHELI(ココヘリ)を導入・運用しているので捜索の時には地上からの捜索にも活用されています。

また夜間や天候が悪くヘリの出動ができない時などには、ドローンを使った捜索もされています。

パパ
空からだけじゃなく地上からも捜索してもらえるのはありがたいね!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)と警察、消防が連携して発信機からの電波を受信し遭難者の早期発見に努めてくれる!


捜索・救助費用 最大550万円

COCOHELI(ココヘリ)に加入すると自動的に登山・山岳遭難対策制度の【 jRO 】が付帯します。

山岳遭難の捜索には莫大な費用が掛かります。

警察や消防などの民間の山岳会や山岳遭難防止対策協会(遭対協)などに依頼し、捜査してもらった場合、人件費として一日ひとりあたり2万円~3万円のお金がかかります。

また民間のヘリコプターが出動した場合には、1分1万円の費用がかかるといわれています。

捜索のために2時間ヘリコプターが飛ぶと100万円以上のお金がかかってしまいます。

しかし COCOHELI(ココヘリ)に加入していると年間 最大550万円までの費用を補てんしてくれます。

補てん対象も幅広くカバーしてくれているので安心です。

パパ
下に補てん対象を書いておくね!
  • 民間の遭対協の隊員などの日当、食費、宿泊費、交通費、保険料等
  • その他の救助隊または救助者(同一の山岳会、友人、同僚など)の交通費(公共交通機関、高速、ガソリン、駐車場)食料費、宿泊費、消耗品費等
  • ヘリコプター代
  • 親族等の現場駆けつけ費(交通費、宿泊費など)(30万円まで)
  • 日当等の支払いがなかった救助隊・救助者への謝礼費(10万円まで)
  • 遺体搬送費(30万円まで)等

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)に加入していると遭難の捜索費用などを年間 最大550万円まで補てんしてくれるので捜索費用の心配をしなくてすむ!


個人賠償責任制度 最大1億円

登山で起こる事故やケガは自己責任という言葉をよく聞きます。

しかし例外があるのを知っていますか!?

あなたが浮石の上にうっかり乗ってしまい、その浮石を落石させ他の登山者をケガや死亡させてしまった場合はあなたに責任です。

また遭難中、救助者にケガをさせてしまった場合の責任もあなたです。

治療費や通院費、入院費などを支払わなくてはいけません。

しかし安心してください。

COCOHELI(ココヘリ)に加入していると MS & AD 三井住友海上の個人賠償責任制度から年間 最大1億円を支払ってもらうことができます。

登山で起こる事故やケガは自己責任といいますが、個人ではカバーしきれない金額でもCOCOHELI(ココヘリ)に加入していると保証してもらえるので安心です。

パパ
アウトドア中に他人の財物を破損させても保証されるみたいだよ!

チェックポイント

自分で個人賠償保険に加入すると非常に高額な保険だが、COCOHELI(ココヘリ)に加入すると付帯している!


アウトドア用品の補償 最大3万円

COCOHELI(ココヘリ)に加入すると登山中に登山用品の破損や盗難被害にあった場合に年間 最大3万円まで補償してもらえます。

保証対象となる登山用品の対象も多く、誤ってカメラを落として破損させてしまった場合などにも使えます。

しかしひとつだけ注意点があります。

年間 最大3万円まで補償してくれますが、免責金額(自己負担額)5,000円がかかります。

無料の保証ではないので注意してください。

パパ
免責金額(自己負担額)の負担はあるけど、それでも修理や再購入の時に少しでも安くなるならラッキーだね!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)に加入すると、免責金額(自己負担額)5,000円の負担はあるが、登山用品の修理代や再購入費を年間 最大3万円まで補償してくれる!


会員証(発信機)がコンパクト

会員証(発信機)は非常にコンパクトで手のひらに余裕で収まります。

厚みも約 13 mm と薄く携帯していて邪魔になることはありません。

登山にはもちろん、日常でも家の鍵のキーホルダーとして使うことができます。

パパ
後で紹介するけどCOCOHELI(ココヘリ)は日常でも役立つ機能があるからね!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)の会員証はコンパクトにできているので、登山に持っていくのに邪魔にならない!


選べるカラーバリエーション

COCOHELI(ココヘリ)の会員証には3つの種類があります。

  • マットブラックの COCOHELI ロゴ
  • サハラベージュの COCOHELI ロゴ
  • ブラックカラーの THE NORTH FACE ロゴ

THE NORTH FACE ロゴのCOCOHELI(ココヘリ)は、チャリティモデルになっています。

THE NORTH FACE ロゴのCOCOHELI(ココヘリ)に入会している方の年会費の1% を2団体へ寄付し社会貢献しています。

パパ
僕は、サハラベージュを選んだよ!
機能も年会費も全部一緒だから気にいったモノを選んでね!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)の会員証(発信機)は3つの中からお気に入りのモノを選べる!


山でもキャンプでも街でも使える

COCOHELI(ココヘリ)の会員証には遭難時の捜索用の特殊な電波とは別に Bluetooth も搭載されています。

iPhone用と、android用に【 LIFE BEACON 】というアプリがリリースされています。

COCOHELI(ココヘリ)会員証と自宅の鍵などを一緒にしておくと見当たらない時にアプリを使い Bluetooth の電波を拾って捜索することができます。

また GPS 機能も付いているので、会員証を無くした場所がわかる履歴機能を使って捜索に活用することもできます。

パパ
キャンプで小さな子どもに会員証を持たせておくと迷子の防止になるかもしれないね!?
下にアプリストアの QR コードを貼っておくね!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)は登山だけではなく、キャンプでも日常生活でも利用することができる!


アウトドア用品がお得に買える!?

COCOHELI(ココヘリ)会員になると、アウトドア用品通販 AJ MALL で買い物ができるようになります。

価格は Amazon などの大型 EC ショップとほぼ変わりません。

しかし AJ MALL で購入すると、購入金額の 10 % を次年度年会費へ還元してくれます。

AJ MALL で、15,000 円のザックを購入すると次年度の会費 5,500 円から 1,500 円が引かれ 4,000 円でCOCOHELI(ココヘリ)を継続することができます。

AJ MALL で数点の買い物をすると次年度の年会費が無料にすることもできます。

パパ
価格を見比べて AJ MALL で購入する方がお得なモノは積極的に使う方がいいかもね!?

チェックポイント

購入するモノにもよるが、 AJ MALL で買い物をすると次年度年会費が無料になるかも!?


ココヘリ安全登山学校

COCOHELI(ココヘリ)に入会すると、ココヘリ会員限定の登山学校に参加することができます。

第一線で活躍する山岳ガイドから WEB や実地の場で定期的に正しい技術を習得することができます。

過去には敷居の高い雪山登山の第一歩や、登山計画の立て方の講習がありました。

第一線で活躍する山岳ガイドから直に教えてもらえることは少ないと思うので積極的に参加するのもいいかもしれませんね。

パパ
WEB 講習はアーカイブがYoutubeにアップされるよ!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)に加入すると、第一線で活躍する山岳ガイドから WEB や実地の場で正しい登山技術を教えてもらえる!


アイゼン・ピッケルの研磨

COCOHELI(ココヘリ)に入会すると、冬山装備のメンテナンス工房 HAREYAMA でアイゼンやピッケルの研磨代金の割引を受けることができます。

自分でするには何かと手間がかかってしまうので、夏山シーズン中にメンテナンスに出し、雪山シーズン突入時にはピカピカのアイゼンやピッケルで出かけましょう!

パパ
アイゼンやピッケルは尖っていて本来の性能が出せるからメンテナンスは大事だよ!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)に入会すると、冬装備のメンテナンスのプロにアイゼンやピッケルの研磨をしてもらって代金の割引を受けることができる!


お得なセット割引

COCOHELI(ココヘリ)に入会する時にはお得なセット割引があります。

パパ
一部のセットを書き出しておくね!
  • MILLET サースフェー 30+5 とCOCOHELI セット
  • SUPERfeet インソール 2 個とCOCOHELI セット
  • LEKI トレッキングポール ブラックシリーズ FXカーボン とCOCOHELI セット など

セットになっている商品は定価で購入することになりますが、COCOHELI(ココヘリ)の入会金と年会費が無料になります。

買おうと思っていた登山道具があって、COCOHELI(ココヘリ)入会を悩んでいたらお得に両方入手できるチャンスかも!?

パパ
僕は MILLET サースフェー 30+5 とCOCOHELI セットを買ってお得に COCOHELI(ココヘリ)会員になったよ!
他にもヤマテンやヤマレコのセットもあるからね!
下にお得セットのリンクを貼っておくから、どんなのがあるかチェックしてみてね!

COCOHELI 安全登山お得セット

チェックポイント

自分の欲しい登山道具がセットの中にあれば両方をお得にゲットできる最大のチャンス!


最短 申し込み2日後に到着

COCOHELI(ココヘリ)は最短 申し込み2日後に自宅に到着します。

土曜日の山行に持っていきたいのであれば火曜日に申し込めば確実に手元に届くはずです。

あくまでも最短2日なので山行の予定に余裕を持って入会手続きをしてください。

パパ
僕は入会手続きをした2日後には会員証が届いたよ!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)会員証は最短 申し込み2日後に到着するのでタイミングが良ければ週末の山行に持っていける!


パパ
ここまでが COCOHELI(ココヘリ)に入会するメリットの紹介でした。
次の項目では COCOHELI(ココヘリ)の注意点を紹介していきます。

ここだけは気をつけて!COCOHELI(ココヘリ) 注意点!

今まで COCOHELI(ココヘリ)のメリットばかり紹介してきましたが、注意点もあるので紹介しておきます。

あくまでも僕の感じる注意点なので参考程度に捉えてくださいね!


COCOHELI(ココヘリ)と登山届は絶対にワンセット!

COCOHELI(ココヘリ)は登山届とセットになって本当の機能を発揮します。

登山届を出さないで登山に行くのはあまりにも無謀です。

ましてや単独山行はさらに危険度が増します。

  • もしあなたが滑落して意識を失ってしまい連絡をとれなかったら?
  • もしあなたが道に迷い携帯の電波の入らない場所だったら?
  • もしあなたがケガをして救助要請をできなかったら?
  • あなたが登山から帰らず家族がどこの山に行っているのかわからなかったら?

いくらCOCOHELI(ココヘリ)が国内の山岳地域をカバーしているといっても、あなたがどこの山にいているのかがわからなければ捜索のしようがありません。

日本国内の山を隅から隅まで探していては時間と捜索費用がいくらあっても足りません。

どこの山に、どのルートで入山して、いつ下山して、いつ帰宅するのかは必ず必要になります。

登山届を出していれば早期発見に繋がります。

自宅からでもオンラインで登山届を提出することはできます。

面倒くさがらずに必ず登山届は提出しましょう。

パパ
下にオンラインで登山届を提出できる Compass(コンパス)のリンクを貼っておくね!

登山計画 Compass


パパ
自宅に家族のいる人は、家族にも登山届を一部渡しておいて予定日までに帰宅しなかった場合は警察とCOCOHELIに捜索依頼を出すようにお願いしておこうね!
簡易だけど家族に渡す登山届の例を貼っておくね!
  • 登山する山の名前:燕岳
  • 登山する日程:10/18・10/19
  • 登山予定日:2日間
  • 登山予備日:1日
  • 下山予定時刻:10/19 13 : 00
  • ルート:合戦尾根ルート
  • 宿泊先:燕山荘テント場
  • ココヘリ捜索電話窓口:〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇(24時間365日対応)
    ※電話番号は会員専用捜索要請窓口なので伏せています。
    登山届には電話番号を記入すること。
  • ココヘリ会員 ID :123456-123
  • 備考:10/20 18 : 00を過ぎても下山の連絡の無い場合は、長野県警とココヘリに捜索依頼をお願いします。

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)と登山届はワンセット!遭難しても確実にあなたを発見してもらえるように、入山前には必ず登山届を提出すること!


ヘリで救助されるとは限らない

COCOHELI(ココヘリ)はあくまでもヘリコプターを使い、遭難者の捜索をすることが仕事です。

登山届をもとに遭難場所の捜索をします。

遭難場所を確認した後は位置情報などを警察・消防などの救助組織に引き継ぎます。

COCOHELI(ココヘリ)と救助組織は連携を取りつつ、救助組織が遭難者を救助します。

COCOHELI(ココヘリ)はあくまでもヘリコプターを使った遭難者の捜索が専門です。

ヘリコプターを使って救助するのか、地上から救助するのかを決めるのは救助組織です。

ヘリコプターで救助してもらえるというのは勘違いなので注意してください。

パパ
遭難場所が確定されるだけでも救助される確率は格段に上がるからね!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)は遭難者の位置情報を確定するのが仕事で、救助方針を決めるのは救助組織なので、ヘリコプターで救助されるとは限らない!


電波状況

COCOHELI(ココヘリ)の会員証である発信機からは特定の電波が発信されています。

その距離はなんと最長 16 km も広範囲に飛び、電波の強度から絞り込みを行うことで位置を正確に特定することができます。

しかし誤った使い方をしてしまうと、ヘリコプターから電波を受信できなくなってしまい、早期発見・救助ができなくなってしまいます。

せっかくCOCOHELI(ココヘリ)の会員証を持って山に行っても間違った使い方をしてしまうと意味がありません。

パパ
下に間違った使い方の例を貼っておくね!
出典:COCOHELI



COCOHELI(ココヘリ)の会員証を自分のからだで隠してしまい、電波が弱くなるとヘリコプターから電波が受信できなくなってしまいます。

そうならないために正しい活用方法をして、確実に発見してもらえるようにしましょう!

パパ
下に正しい活用方法を貼っておくね!
出典:COCOHELI

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)の電波は最長 16 km まで広範囲に飛ぶが、誤った使い方をすると電波が飛ばず発見してもらえなくなる!


沖縄・島嶼(とうしょ)部は捜査対象外

日本国内の山岳が捜索の対象範囲と言いましたが例外があります。

沖縄と小さな島は捜索の対象から外れています。

佐渡島や種子島なども捜索対象外です。

パパ
屋久島は捜索の対象範囲内に入ってるから安心してね!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)の捜索範囲は、全国の航空会社との提携ネットワークを駆使し、日本国内の山域をカバーしているが、沖縄と小さな島は捜索の対象から外れている!


充電

COCOHELI(ココヘリ)は 24 時間ずっと電源が入っている状態でスタンバイしています。

しかし充電が無くなってしまうと電源が落ちてしまい電波を飛ばさないようになってしまいます。

COCOHELI(ココヘリ)会員証だけでは電池残量を確認することはできません。

電池残量を確認するにはアプリの【 LIFE BEACON 】を開く必要があります。

アプリを開くと簡単に確認できるので数週間に一度は電池残量の確認をしてください。

パパ
1ヶ月に1度の充電でも持つからそこまで気にしなくていいけど、山に行く前には充電する方が安心だよ!

チェックポイント

COCOHELI(ココヘリ)はバッテリーは充電式なので、バッテリ切れには注意し、山に行く前には充電する癖をつけよう!


パパ
ここまでが僕が思う COCOHELI(ココヘリ)の注意点です。
あくまでも僕が思う注意点なので参考程度に捉えてくださいね!

COCOHELI(ココヘリ) のデメリットはこれ!

初期費用

僕がCOCOHELI(ココヘリ)にひとつだけ感じるデメリットは初期費用の高さです。

契約年数で初期費用は変わります。

契約年数は、1年もしくは3年です。

パパ
下に見やすく表にまとめておくね!
通常入会1年契約3年契約
入会金3,300 円(税込)3,300 円(税込)
年会費5,500 円(税込)14,850 円(税込)
送料330円(税込)330円(税込)
合計金額9,130円(税込)18,480円(税込)
1日あたりの金額約 25 円約 17 円
備考年会費5,500円が 10 % OFF(550円OFF)
4,950円 × 3年=14,850 円(税込)
3年契約は、1650円お得


1年契約でも約 10,000 円の出費になってしまいます。

3年契約だと約 20,000 円の出費になってしまいます。

これはさすがにチョット痛い出費です。


しかし安心してください!

今ならお得なキャンペーンを COCOHELI(ココヘリ)が実施しています。

会員数 50,000 人突破記念、安心の輪を広げるプロジェクトとして、ご友人紹介キャンペーンをしています。

紹介を受けた新規会員には特典として、通常 3,300 円かかる入会金が 100 % OFF の 0円になります。

さらに新規入会者の中から毎月抽選で1名の方に10万円の航空券のプレゼントもあります。

パパ
下にご友人紹介キャンペーンが適用になった時の費用の表を貼っておくね!
ご友人紹介キャンペーン1年契約3年契約
入会金0 円(税込)100 % OFF0 円(税込)100 % OFF
年会費5,500 円(税込)14,850 円(税込)
送料330円(税込)330円(税込)
合計金額5,830円(税込)15,180円(税込)
1日あたりの金額約 16 円約 14 円
備考年会費5,500円が 10 % OFF(550円OFF)
4,950円 × 3年=14,850 円(税込)
3年契約は、1650円お得


ご友人紹介キャンペーンを利用するだけで、3,300 円もお得にCOCOHELI(ココヘリ)に入会することができます。

1年契約だと、1日たったの 16 円で【 安心 】を手にすることができます。


しかしご友人紹介キャンペーンを利用するのにはひとつだけ条件があります。

それは、紹介してくれる人の紹介用クーポンコードが必要になります。


「紹介してくれる人なんていてないよ・・・」って思った、そこのあなた!

安心してください!

この記事を読んでいるあなたは、紹介用クーポンコードをすでに手に入れてます!


僕の紹介用クーポンコードを使ってCOCOHELI(ココヘリ)に入会すると、3,300 円 OFF で入会できます。

パパ
下に貼ってある5桁の数字が紹介用クーポンコードだからね!

紹介用クーポンコード 【 53786 】

パパ
下の COCOHELI ご友人紹介キャンペーンのボタンをクリックして、上に貼ってある5桁の数字をご紹介用クーポンコードに貼り付けてね!

COCOHELI ご友人紹介キャンペーン

もちろん紹介した方の人にもメリットがあります。

  • 次回更新時に、1,100 円 × 紹介した人数分を年会費から割り引きされます。

5人紹介したら次年度の年会費は、ゼロ円になるということです。

キャンペーン期間中にお得に COCOHELI(ココヘリ)に入会しちゃいましょう!

パパ
もし家族と二人で入る場合は、ひとり目の入会時には僕のクーポンコードを使って、ふたり目の入会時には自分のクーポンコード使うとさらにお得に入会できるからね!

チェックポイント

入会金 3,300 円が無料になるキャンペーン中に、お得に COCOHELI(ココヘリ)に入会して【 安心 】を手にいれよう!

僕の独断と偏見で決めた COCOHELI(ココヘリ) 総合評価

今まで長々と書いてきましたがそろそろまとめていきたいと思います。

低山だから遭難とは無縁だと思いがちですが、低山でも遭難事故は発生しています。

道迷い、滑落、ケガ、急病、落石、疲労、転倒、行動不能になった場合すべて遭難です。

どこで山岳遭難事故が起るのかは誰にもわかりません。

しかし COCOHELI(ココヘリ)に入会すると、すべての登山者、そして家族が【 安心 】を手にいれることができます。

登山届を出し COCOHELI(ココヘリ)を持って登山に行けば、万が一遭難した場合でも早期発見・早期救助してもらえる確率がグッと上がります。

捜索可能範囲は沖縄などの一部地域を除いて、日本国内の山岳地域をほぼカバーしています。

捜索・救助費用は、COCOHELI(ココヘリ)に付帯している【 jRO 】が年間 最大 550 万円まで補償してくれるので安心です。

個人で加入すると高額な個人賠償保険も COCOHELI(ココヘリ)には付帯しています。

あなたが誤って落石を起こしてしまい他の登山者をケガさせてしまった場合には年間 最大1億円まで補償範囲です。

個人ではカバーしきれない金額でもCOCOHELI(ココヘリ)に加入していると保証してもらえるので安心です。

またあなたが登山中にうっかりカメラを落とし破損させてしまった場合でも免責金額 5,000 円はかかりますが、年間 最大3万円まで補償してもらえます。

この登山用品の保険は盗難被害にも適用されるので保証は範囲が広いのも特徴です。

自分自身のためだけではなく、あなたの帰りを待っている家族のためにもCOCOHELI(ココヘリ)はあります。

自分のため、そして家族のために登山届を出し、COCOHELI(ココヘリ)という【 安心 】を持って楽しい山登りに出かけましょう!

パパ
下に貼ってあるクーポンコードを使ってお得に COCOHELI(ココヘリ)に加入してね!

紹介用クーポンコード 【 53786 】

COCOHELI ご友人紹介キャンペーン

 

関連記事紹介


パパ
最後までよんでくれてありがとうございました。
もしよかったら燕岳、御岳山、ダウンパンツの記事も読んでね!

あなたのアウトドアライフが耀くこと願っています。

知らなきゃマズイ【燕岳】北アルプスの女王&燕山荘の魅力とは?

続きを見る

標高3,067m霊峰【御嶽山】9個の魅力と4つの注意点

続きを見る

【Naturehike】ダウンパンツはコスパ最強コンパクト防寒具

続きを見る

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ

-登山用品