キャンプ用品

【炭の保管】カインズ kumimoku スチールケース3つの特徴

パパ
どうも、ブログ管理者の やまちゃん @fiam_campです。

今回は、ホームセンターのカインズで販売している、kumimokuのスチールケースを買って炭入れとして実際に使ってみたので感想や注意点などを紹介していきます。


実際にカインズ kumimoku スチールケースを使ってみるとイマイチなところもあります。

でもそのイマイチなところを遥かに凌ぐ特徴をカインズ kumimoku スチールケースは持ち合わせています。

カインズ kumimoku スチールケース、かなりオススメできるケースです!

しかしこれだけでは全然カインズ kumimoku スチールケースの良さもイマイチな所も伝わらないと思います!

我が家がなぜカインズ kumimoku スチールケースを購入したのか。

そしてカインズ kumimoku スチールケースの使用感などを書いていきたいと思います。

あなたがカインズ kumimoku スチールケースを購入する時の参考に少しでもなれば幸いです。


こんな疑問をもったあなたに向けた記事

なぜカインズ kumimoku スチールケースを買ったの?
カインズ kumimoku スチールケースの何がそんなにいいの?
カインズ kumimoku スチールケースの魅力は?
カインズ kumimoku スチールケースの注意点は?
いい事ばかりじゃないでしょ!?カインズ kumimoku スチールケースのイマイチなところは?
こんな疑問・悩みを解決します。


記事内容

  1. カインズ kumimoku スチールケース 基本情報。
  2. 使えば納得!カインズ kumimoku スチールケースここが魅力!
  3. ここだけは気をつけて!カインズ kumimoku スチールケース 注意点!
  4. 僕の独断と偏見で決めた、カインズ kumimoku スチールケース 総合評価


この記事では、カインズ kumimoku スチールケースの魅力も、ここがイマイチな点も包み隠さず紹介していきます。

記事を読み終えた時に、少しでもワクワクしてくれれば嬉しいです。


どうしてカインズ kumimoku スチールケースを購入したのか!?

あなたはどの様にして炭をキャンプに持って行っていますか!?

色々な方法があると思います。

  • キャンプ場で購入する
  • 事前にホームセンターで購入する
  • キャンプ場に行く道中で購入する
  • インターネットで購入する

などがあると思います。

パパ
僕はAmazonでオガ炭を買っています。


Amazonでオガ炭を購入するのは安くていいんですが、10kgが1箱に入って送られてきます。



ここでもうひとつ質問をします。

キャンプに持って行って余った炭はどうしていますか?

  • すべて燃やしきる
  • キャンプ場の灰捨て場に捨てて帰る
  • 家に持ち帰る

などだと思います。

パパ
僕は一度のキャンプでオガ炭を10kgも使うことは絶対に無いので、いつも必ず持ち帰ってきます。
家族4人、3泊4日のキャンプで食事を何にするのかにもよるけど、オガ炭10kgを使い切ることは絶対にないと思うよ!

キャンプ場で炭を捨てて帰る時はキャンプ場のルールを守ってくださいね!


家に持ち帰った使いきれなかった炭は、徐々にですが空気中の湿気を吸収してしまいます。

今まではAmazonから届いた状態の段ボールでキャンプに持って行き、余れば家に持ち帰ってます。

家に持ち帰った炭はダンボールごとビニール袋に二重に入れて密封してなるべく湿気を吸わない様にしています。


しかしそれでも炭は徐々にですが湿気を吸収していきます。

何度もビニールから出し、ダンボールの開け閉めを繰り返しているのも原因だと思います。


そこでいいモノはないかと色々なホームセンターで探していたら、ホームセンターのカインズで見つけたんです!

kumimoku スチールケースを!

パパ
僕が買ったのは【小】の赤色を買ったよ!

次の項目からはカインズ kumimoku スチールケースの基本情報を紹介していきます!

カインズ kumimoku スチールケース 基本情報

パパ
それでは早速、カインズ kumimoku スチールケースのサイズを紹介していきますね!


カインズ kumimoku スチールケース【小】カインズ kumimoku スチールケース【大】
価格1,980円(税込)2,480円(税込)
サイズ【外寸】(約)幅300×奥行150×高さ190mm(約)幅327×奥行184×高さ228mm
サイズ【内寸】(約)幅275×奥行145×高さ180mm(約)幅300×奥行170×高さ215mm
重量(約)2.4kg(約)ーkg
対荷重(約)7kg(約)11kg
原材料、素材、材質炭素鋼炭素鋼
カラーカーキー・レッド・ブルーカーキー・レッド・ブルー
パパ
【大】の重量は測れてないから、わからないです。



カインズ kumimoku スチールケース【小】【大】は、各ECサイト、Amazon・楽天市場・Yahooショッピングでも購入可能です。

しかし定価を大幅に上回る価格で販売されていますので、カインズの実店舗、もしくはカインズのオンラインショップで購入することをオススメします。

使えば納得!カインズ kumimoku スチールケースここが魅力!

ここからは僕の思うカインズ kumimoku スチールケースの魅力を紹介していきます!


防塵・防水機能が優れている!

カインズ kumimoku スチールケースは防塵・防水機能が優れています。

外部からの土ぼこり、ごみ、ちり、水滴、湿気をシャットアウトし内部に侵入しないようにしてくれます。

これを可能にしているのは、蓋部分にゴムパッキンが入っているからです。

パパ
すごい分厚いこのゴムパッキンが蓋部分に入っているよ!!


この分厚いゴムパッキンが蓋部分に入っているので蓋を閉じるだけでは蓋は完全に閉じません。

パパ
蓋が浮いちゃってるね!


防塵・防水性能を確保するためにもうひとつ重要な部分があります。

それはこの大きなバックルです。

パパ
この大きなバックルで蓋部分のゴムパッキンを潰して密封性を確保しているんだね!?


この大きなバックルは、分厚いゴムパッキンを潰す必要があるのでバックルの開け閉めは硬くなっています。

なので移動中にバックルが勝手に外れる心配はないと思います。


外部からの土ぼこり、ごみ、ちり、水滴、湿気の侵入を防げるということは、内部から外部への漏れも防げることになります。

炭を中に入れても炭が外部に漏れることはなく、外部の湿気が内部に入ることもありません。

これらの理由からカインズ kumimoku スチールケースは炭の保管に最適だと判断しました!

パパ
カインズ kumimoku スチールケース【小】の中に5kgのオガ炭が入ったよ!
5kgのオガ炭が入れば家族4人で2泊3日のキャンプは余裕で持つね!

他にも、テント内の結露で湿らしたくない物を入れておくのにも最適だよ!
例えばだけど本や、カメラなどの精密機器の保管にも向いていると思うよ!
パパ
蓋を閉めるバックルが硬いから、小さな子供に触らせたくないナイフや斧、鉈を入れておくのにもいいかもしれないね!?




堅牢な作り

堅牢(けんろう)とは、物のつくりがかたくて丈夫なこと、頑丈なことを指します。

カインズ kumimoku スチールケース本体の素材は炭素鋼でできています。

炭素鋼と言われてもいまいちピンとこないと思います。

簡単に一言で言うと【鉄】です。

蓋のゴムパッキン以外は全て鉄でできています。

カインズ kumimoku スチールケースに物が当たって凹むことはあると思います。

しかしカインズ kumimoku スチールケースに穴が開くようなことはないと思います。

パパ
物が当たって穴があくような状態ならカインズ kumimoku スチールケースの原型がなくなっていると思うよ!
それぐらい頑丈に作られているからね!




無骨なシルエット

カインズ kumimoku スチールケースは無駄なものを全て削ぎ落とした無骨という言葉が良く似合うシルエットをしています。

カラーもカーキー・レッド・ブルーの3色あり、どのカラーもキャンプサイトに似合う色だと思います。

パパ
色的には1番カーキーが無骨だけど、レッド・ブルーもキャンプサイトに似合う色だと思うよ!

ここだけは気をつけて!カインズ kumimoku スチールケース注意点!

カインズ kumimoku スチールケースを使う上でイマイチな所、注意点があるので紹介していきます。


重い

カインズ kumimoku スチールケースは、先ほども言いましたが【鉄】でできています。

【大】【小】ふたつのサイズが販売されています。

小さい方の【小】であっても重量は約2.4kgもあります。

【大】になるとさらに重たく約4.0kgになると思います。

キャンプに行く交通手段が車以外の人には決してオススメできるものではありません。

パパ
もし購入する場合でも、重量のことはしっかり考えて購入してくださいね!




融通がきかない

これも【鉄】でできてるが上の欠点なんですが形が一切変わりません。

車に積み込むときにカインズ kumimoku スチールケースのサイズ分はしっかりスペースの確保が必要です。

【小】で、約幅300×奥行150×高さ190mm

【大】で、約幅327×奥行184×高さ228mmとなっています。

数字だけで見ていると小さく感じますが実物を見ると意外と大きいので注意してくださいね。

パパ
購入する場合は、実店舗でサイズの確認をしてから購入する方がいいよ!

僕の独断と偏見で決めた カインズ kumimoku スチールケース総合評価

今まで長々と書いてきましたがそろそろまとめていきたいと思います。

カインズ kumimoku スチールケースは炭の保管にもってこいのキャンプギアです!

カインズ kumimoku スチールケースの3つの特徴は、

  • 防塵・防水性能が優れている!
  • スチール製の堅牢な作り!
  • キャンプサイトに映える無骨なシルエット!


僕はあくまでも炭の保管、キャンプ場への炭の移動手段としてカインズ kumimoku スチールケースを使っています。

でもカインズ kumimoku スチールケースの使い方は人それぞれだと思います。

カインズ kumimoku スチールケースはあなたの大事なキャンプギアを土ぼこり、ごみ、ちり、水滴、湿気から守ってくれます。


カインズ kumimoku スチールケースかなりオススメできます!

パパ
最後まで読んでくれてありがとうございました。

あなたのキャンプライフが輝くことを願っています!

【キャンプ用品】知らなきゃ損する燃料を灯油にするメリッ...

初心者必見【おすすめキャンプ用品14選】ファミリー&ソ...

初心者必見【設営・撤収・必需品・対策】雨でもキャンプを...

【持ち物・服装・シュラフ】快適な秋キャンプこそ気を付け...

【キャプテンスタッグ】EVAフォームマットはコスパ最強...

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ

-キャンプ用品